2011/7/29

岩屋ロックガーデン(佐賀)  岩登り

今日は、佐賀県の岩屋ロックガーデンというところに行ってみた。佐賀RCCのI橋さん達が中心となって古いルートをリボルトされたところだ。ルートの詳細は「宮崎の岩場ルート整備協議会」→「岩登り〜庵鹿川・麓屋の日記」→「岩屋ロックガーデン」に記載されている。

植木ICでマミリンと待ち合わせ、高速を多久ICへ。続いて厳木・多久有料道路(200円)、さらに厳木バイパスへ。バイパスの終点で左折すると500mちょっとで給水施設がありその傍らに駐車。閉鎖された林道の脇を抜け、100mくらい行くと左手に赤テープのある棘棘の木があり左折。赤テープに導かれ2〜300mで取り付き点に到着。

ここで準備をして右に回り込むと東稜(4ピッチ)のスタート地点だ。

クリックすると元のサイズで表示します
【1ピッチ目取り付き】

カンテを登り左上して1ピッチ目を切る。
2ピッチ目はバンドの左へのトラバース。ちょっと下り気味なのでセカンドも怖い。セカンドのマミリンは降ろした足が届かなくて2mばかりフォール。ピンが近いので大事には至らない。

クリックすると元のサイズで表示します
【2ピッチ目のトラバース】

3ピッチ目はもう少し左にトラバースし、コーナーを2m直上し、右のカンテを回り込み更に右にトラバースしフェースを登り、テラスへ。奥の立木でビレイ。

クリックすると元のサイズで表示します
【4ピッチ目のスタート地点】

奥に10m歩いて、4ピッチ目は易しいクラックからカンテ、終了点らしきものが途中にあったが、ロープの長さは十分なので頂上までカンテを詰める。
頂上付近はルート整備されていないようで、終了点は古いハーケン2本にスリングが巻いてあった。だが、この支点はがっちりしており、懸垂下降にも耐えられそう。

クリックすると元のサイズで表示します
【山頂から】

20mくらいの懸垂で裏側に降り、3ピッチ目の終了点付近のラッペルポイントから正面を岩場中央に下降(25m)。
快適なルートでした。核心は2ピッチ目のトラバースでIV級程度かな?

休憩の後、凹角ルート(30m)にトライ。VI級の凹角は、中にクラックもありクラッククライマーにとってはピンは不要だろう。凹角そのものは最初のピンまで遠いのでバックアンドフットのチムニー登り。ホールド・スタンスとも豊富だけと怖いルート。思わずA0に。左のカンテからフェースに出ると、もろいホールドばかり。易しいけどここもA0で。右上して、最初のルート3ピッチ目の終了点のテラスで終了。セカンドも登って来るのならトップアウトで良いけど、マミリンは登らない。先程のラッペルポイントから懸垂下降したのではヌンチャク回収は出来ない。終了点を真っ直ぐ奥に進んだ松の木で懸垂下降。
思った通り、この屈曲ではロープの回収は出来ない。裏から登りあがって回収した。

クリックすると元のサイズで表示します
【凹角ルートと左隣のフェースのバリエーションルート】

凹角ルートより、左側のフェースのバリエーションルートの方が登り易いかも。

まあ、偵察としては十分の成果ありでした。
マミリン、お疲れさまでした。それにしても、暑い暑い一日でした。
2

2011/7/23

今日の県体壁  岩登り

今日も猛暑の中、県体壁でのクライミング。
日が陰る午後に集合。メンバーはフジミ・Yamaaki・れー・イッセイ・キーボウの5人。
ルートを示すテープがほとんど取れてしまったので、新しいルートを作りました。
水曜日に、右端に初心者用の5.9(ピンクテープ)に作りましたが、今日は左端に5.10b/c(黄色テープ)を作成。緑ホールドの5.10+を少し易しくしたつもりですが、皆さんの評判はいまいち。
まあ、徐々に充実させて行きましょう。16:00過ぎには風も出て来てしのぎやすくなりました。来週はジュニアクライミングのイベントです。
では、
【写真は5.10b/cの黄色テープを登るイッセイさん】
クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/7/17

今シーズン初の沢登り(イボシ谷)  沢登り

皆さん こんばんは!

今シーズン初の沢登りに行ってきました。
場所は、祖母山系のイボシ谷、下尾平から笠松山と本谷山の間に伸びる沢です。

メンバーは、島地瓶・ますも・シロキリ・Yamaaki・りりぃ・キーボウの6人。
16日の夜に尾平の「ほしこがinn」を目指しました。土曜の昼間は県体壁でクライミング。切り上げたのは16時近く。Yamaakiさんとりりぃを乗せて南阿蘇へ。高森で島地瓶氏が同乗し、買い出しを済ませて高千穂・尾平越え経由で到着。
ますもさんはすでに到着していました。
焼き肉を肴に宴会。シロキリさんは翌朝到着のようだ。

17日はいまいち天気が良くない。祖母の山頂付近は雲に覆われている。それでも、元気良く出発。下尾平から林道を入渓地点まで入るつもりが。道が荒れていて標高600m地点から2kmくらい歩いて入渓地点の橋に到着。橋の下は20mの連瀑。
集合写真を撮っていざ入渓。

クリックすると元のサイズで表示します

いきなり滝の連続、続いてナメ滝と楽しい沢歩きになる。先頭の島地瓶氏とシロキリ氏はスピードが速い速い。抑えるのが大変。

クリックすると元のサイズで表示します

天然林の中を清澄な水が流れる。登るにつれ水は寒くなり、シャワーを浴びると数秒で限界に。天候は思わしくなく小雨が降り続く。下界は猛暑なのではないだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

入渓が8:30分過ぎで、11:40分には源流に到達。沢の左側の尾根を詰める。クマザサは枯れてほとんど無い。ほぼ藪コキなしで12:15くらいには稜線に達した。
少し笠松山方面に進み、北西に伸びる尾根に入って下山開始。尾根がブロードで結構読図が難しい。ところどころに見つけた赤や黄の古いテープを目印に下り、ケイソウ谷の入り口付近に降り立つことができた。

易しいが楽しい谷でした。
が、若手とトライアスリートについて行くのがやっと。疲れました。皆さんお疲れさまでした。
0

2011/7/9

久々の日向神  岩登り

やっと梅雨明け、今日は久々の日向神だ。
涼しそうなのは、サンセットエリアだろう。今日は夕方からあそ望山岳会の例会なので早めに出かけ早目に帰ることにした。

今回は、BOROさんが九州最後の日ということで、送別クライミングを兼ねる。
メンバーは、熊本からBOROさんに、Yamaakiさんと僕、福岡からユジンとますもさん、小国からフジミさんと6人のメンバーが集まった。

駐車場に着くとHIDEさん夫妻と久しぶりに出会った。サンセットエリアの最上部のエリアに行くという。僕らは下部エリアで登ることとした。
更に、フェニックスの方々も来られ、新緑のテラスで登られたようだ。
一概にサンセットエリアといっても4つのエリアに分かれており結構楽しめる総ルート数は37本だ。
開拓者のK1さん、熊本のY下先生も来られ、一緒に下部エリアで登った。

この日の圧巻はユジン。
「日曜よりの使者(5.12a)」を2便でRPだ。50mロープがギリギリの長い長いルートだ。核心は20m上にある。

クリックすると元のサイズで表示します
ルート全体を写すとこんな風になる。クライマーははるか上だ。その上の立木の下が終了点だ。
僕はBOROさん、K1さんらと「テラスへUP(5.11a)」を登った。このルートは日向神らしいルートでオンサイトはさせてくれない。3便目でやっとRPできた。
BOROさんの核心より少し下での写真をUPします。

クリックすると元のサイズで表示します

フジミさん、Yamaakiさんは涼風のテラスで5.10台で楽しんでいたようだ。
最後に、道端エリアで記念撮影。
BOROさん思い出の「次郎(5.11c)」の下部にて、
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ