2010/12/1

合同救助訓練(阿蘇-楢尾岳)  

合同救助訓練(阿蘇-楢尾岳)

【報 告 者】松井清明
【日   時】2010年12月1日(水)
【参 加 者】熊本県警山岳救助隊、阿蘇広域消防、熊本県山岳連盟他

≪ 報  告 ≫

今日は、なんとか休みが取れたので、熊本県警山岳救助隊、阿蘇広域消防、熊本県山岳連盟それにシェルパのスタッフ(?)の合同救助訓練に参加してきました。

こういった合同での訓練は全国的にも珍しいのではと思います。消防ヘリの「ひばり」も参加しての大がかりな訓練でした。
場所は楢尾岳山頂付近、阿蘇山上の派出所前に集合し、車で仙酔峡ロープウェイの上の駅付近に向かいます。この道は、かなり前には、観光用のマウントカーが走っていた道です。途中の景色は日本の他の地域では想像できないような荒涼とした岩場風景です。仙酔峡上の駅から楢尾岳へは15分も歩けば到着。古い登山道があるようです。

楢尾岳山頂の東側は数十メートルの壁となっており訓練に適している。古いボルトが数多く打たれている。今回は、新たに数本打ちこんで訓練に備えた。訓練内容は、壁の途中の救助者や壁下の救助者の人手による搬出とヘリによる搬送。ザックやツェルトによる搬送等の訓練を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

内容的には山ヤとしてはいまいちでしたが、警察と消防と岳連の協力ということが大きな成果だと思われます。山岳連盟の出番が少なかったことは少し不満。警察が形だけ整えるという、お役所仕事的な感がいなめないように思えました。
でも、このような訓練を重ね、万が一事故が発生した場合にはスムーズな協力体制がとれるようになって欲しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

報道関係者は、熊日から大倉氏、RKKとKABのTVスタッフが来られていました。
(KABの夕方のニュースを見ましたが、県警が中心の内容となっており物足りなさを感じました。実際は消防が主役でしたが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ