2007/2/25

日向神マルチ(八女ルート)  岩登り

<山行報告>
八女ルート(日向神 正面岩)・・マルチピッチクライミング
【報 告 者】松井
【日   時】2007年2月25日 (日)
【参 加 者】洲鎌猛雄、松井清明

≪コースタイム≫     
日向神正面壁下駐車スペース(10:00)〜登攀開始(10:30)〜 終了点(14:30)〜奥壁エリア(15:30)

≪ 報 告 ≫
「ゲンゾウルート」に続き二回目の正面壁マルチルートとなった。「ゲンゾウルート」よりは難しいとの情報を得ていたがどんなものか期待を持って取り付いた。
今日は久々洲鎌さんとのペアで登ることとした。前回の「ゲンゾウルート」をご一緒した川上さんには申し訳ないが、やはり結構厳しい(同行しなくて良かった)と思った。
天候は曇り、だが雨の気配はない。スタート地点は、2週前の「ゲンゾウルート」から20mあまり上部(左)だ。
「ゲンゾウルート」と同じようなボルトラダーが真直ぐ上に伸びている。
全6ピッチなのでつるべで登るとして各3ピッチのリードの分担になる。かなり線のルートのように感じられたので10.5mmのシングルで登ることにした。敗退を考えて、9mmロープをセカンドが引きづることとした。荷物も一つにまとめ、これもセカンドが背負うことにした。

1ピッチ目;松井リード、
苔コケの1ピッチ目は、しょっぱなからスタンスがずるずる滑って立てない。アブミをすぐに出してA1からスタートだ。アブミを使ってしまうとフリーへの切り替えは精神的に至難の業だ。
ということで、1ピッチ目はオールアブミで突破。
【1ピッチ目をリード】
クリックすると元のサイズで表示します

2ピッチ目;洲鎌リード、
ここはしょっぱなからA2のハング越えとなる。リングボルトが真直ぐハングの正面にあるが、右側にハングを避けるようにRCCボルトとその上にペツルのハンガーがある。これはフリー化されたのかと思い洲鎌さんも右上するがペツルのハンガーの上には何もないようだ。
仕方なく正面のボルトダラーに戻って、ハングを越え、続く渋いフェースを登る。ビレイしている僕の手の感覚から厳しさが伝わる。「ビレイ解除!!」の声を聞いた時は、かなり時間が経っていた。セカンドでハング越えをしたがこれは厳しい。右側のヌンチャクが回収できない。テンションを掛け、振り子トラバースで回収することになった。
【2ピッチ目、ビレイ中の洲鎌さんとフォローする松井】
クリックすると元のサイズで表示します

次の3ピッチ目はそこそこ。でも、1〜2回、アブミを出してしまった。だが、高度が上がるにつれ傾斜は緩くなる。
4ピッチ目は洲鎌さんの番、少し手前でピッチを切ったようだ。5ピッチ目は凹角のはずがフェース登りだ。少し左にずれていたことが解る。左にはRCCのボルトが適宜打ってあるのでフリー化のプロジェクトかな?フェースから右手にトラバースして凹角の上部でビレイ。
最後の6ピッチ目は洲鎌さんの番。しかし、こちらも厳しい凹角だ。濡れている上に苔がびっしり。プロテクションも2ピン目が縦に伸びたリングボルトと精神衛生上大変悪い。洲鎌さんが取り付くも、危険は冒せないと降りて来られた。まあ、こんなぐずぐずのピッチは僕の方で何とかするしかない。
幸い、左のカンテ上に掛の良さそうなホールドを見つけていた。足は、ステミングとして凹角の中には決して立たないようにすることだ。ここは、絶対落ちれないところだ。グレードは5.8くらいだろうがこの場所でこの環境ではめちゃ厳しい。なんとか気合で乗り越えた。その先は、階段状のスラブだが終了点がわからない。正面の一番高いところをと思ったが、ロープが足りないようなので左のブッシュの松の木でビレイ。
40m以上ロープは伸びているし、ルートが屈曲しているのでなかなかコールが届かない。何とか、洲鎌さんが登ってくることがわかったが、ロープに強いテンションを感じる。後で聞けば、マッシャーでゴボウのようにして登ってきたとか。やはり、厳しいピッチだったようだ。
ここを終了点としてブッシュを左に巻いて登るとピークに到着。ここは、先週川上さんと来たピークだ。これでもう安心。休憩して、赤テープを頼りに下れば奥壁エリアに到着した。
【正面岩頂上からの展望】
クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、山道さん、加藤さん、それから枝村さんのグループ(中野さんも入られていた)、古川さんのグループと合流。
加藤さんに「影法師(5.10c)」を登ってもらい、日向神のグレードを体感してもらった。最後に、枝村さんにセットしていただいたヌンチャクを使って「つくつくほうし(5.8)」でクールダウン。でも、これも疲れた体には厳しかった。

川上さん一緒に登れず申し訳ありませんでした。山道さん、フォローありがとうございました。
加藤さん、また日向神で登りましょう。マルチを含めて・・・

最後に、お相手くださった洲鎌さんお疲れ様でした。ありがとうございました。
ルートは、いまいちでしたが、岩は良いところでした。いつかは、リーズナブルなフリーのルートを引きたいと思ったものでした。では、
1

2007/2/11

日向神マルチ(ゲンゾウルート)  岩登り

<山行報告>
ゲンゾウルート(日向神 正面岩)・・マルチピッチクライミング
【報 告 者】松井
【日   時】2007年2月11日 (日)
【参 加 者】川上雅彰、松井清明

≪コースタイム≫     
日向神正面壁下駐車スペース(9:30)〜登攀開始(10:05)〜松井終了点に(13:50)〜川上終了点に(14:10)〜駐車スペース(15:30)

≪ 報 告 ≫
 今日はクライミングには最適な絶好の天気。川上さんと日向神のマルチルートを登ることとした。川上さんはフリーでは5.10ノーマルが登れるレベルなのでマルチでも十分通用すると思い、少しハードな「ゲンゾウルート」を選んだ。僕にとっても「初見」ルートだ。初見ルートはどんなものが待ち受けているのか、いつでもわくわくする。
日向神に、9:30に到着。川上さんはすでに到着して待っておられた。正面壁下の駐車スペースに移動しそこでハーネスを装着。軽量化を考え、必要最低限の装備にして出発。正面壁中央に縦に真っ直ぐ付いている草付のすぐ左側に人工のルートがある。しかし、もう少し左を偵察すると、もっときちっとしたルートがあるのがわかった。更に少し左上すると、二人の方が人工ルートで懸垂下降をしておられた。聞くとそこが「八女ルート」とのこと。ということは、2番目のルートが「ゲンゾウルート」のようだ。
 ルート下に移動し、アブミの使い方を川上さんに指導。巻き込み方とリストループの使い方等簡単なレクチャーで後はいきなり本番で使ってみることに。それにしても川上さんのアブミはやけに長い、長いアブミのメリットは何なのだろう。ちょっと疑問。長さに関しては下のアブミの上段に立って、思い切り手を伸ばして上のアブミをセットする、その時上のアブミの最下段が膝上くらいになるのが良さそう。ということは身長+α程度の長さで十分だと思う。
【ゲンゾウルートを見上げる】
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、気合を入れてスタート。1ピッチ目から人工(A1)だ。まだ、朝早いので壁が湿っぽい。岩のスタンスは滑りそうなのでいきなりアブミに全体重を預けることになった。ボルトは、古いリングボルトが主体。まあそこそこしっかりしているし時々RCCボルトも設置してある。ほとんどアブミの掛け換えで1ピッチ目の終了点に。終了点は3本のリングボルトに古いシュリンゲが通してある。シュリンゲは使えないものと思った方が良い。(下降時の懸垂支点用かな?でもこれは使えない。懸垂される方は新たに捨て縄を準備すべきでしょう)
リングボルトは部分的には危ないものもあるが結構狭いピッチで打たれているので良いものを選んで使えば良いだろう。この先も、支点の状況は同じようなものだ。川上さんも着実に登ってこられた。初めてにしてはしっかりしたアブミ操作だ。
 2ピッチ目もA1、1ピッチ目と同じようなピッチだ。そして3ピッチ目からは掛かりの良いホールドが多くなり、フリー主体に切り替える。岩も乾いてきておりフリクションも良くなった。
 全6ピッチと書かれてあったが、ロープの流れを考え一度二つに分割。最終まで7ピッチとした。3ピッチ以降はフリーなら5.8〜5.10a程度。しかしプロテクションがフリーとするにはあまりにも貧弱なので思い切ったムーブが出来ない。一部A0としてしまう。6ピッチ目の薄かぶりのハング越えも、甘いホールドで耐えるのが恐く、ここでは1ポイントだけアブミを出した。5.10bくらいのムーブなのだが・・・
それ以外は掛かりの良いホールドで快適に登る。上部は完璧な青空だ。
【上部を見上げる】
クリックすると元のサイズで表示します


 川上さんも結構着実だ、安心できる。
【川上さんお疲れ、でもまだ続くよ】
クリックすると元のサイズで表示します

 高度はますます上がり、ダム湖をはさんだ向かいの蹴洞岩の東稜の頭も低くなってきた。真っ青な空の下快適なクライミングが続いた。この高度感は格別だ。やがて、田川ルートの引かれてある中央草付をはさんだ反対側のピークの高さよりも高くなると終了点へ到着。ブッシュでビレイして、川上さんを待つ。14:00過ぎに到着してがっちり握手。お疲れ様でした。
 このルートは宇部山岳会のHPに3度の記録があるが、いずれも5時間前後かかっており、今回のペースは結構速かったようだ。宇部山岳会では20回くらい登っているあの三浦さんがリーダとして登っておられるので、それに比べ初見組の僕らにとっては快調なペースだったようです。
【正面壁左側】
クリックすると元のサイズで表示します

 しばし展望を楽しんだ後、ブッシュの中を左奥へ進んでフリーの「奥壁エリア」の奥の稜線を目指す。しかし、このあたりから降りたら良いのではと思ったルンゼは「奥壁エリア」の少し手前の水が流れている部分の上部だった。50mぎりぎりかも知れないと思ったが、地面にロープが届いていそうなので、懸垂下降で降りることに。40mくらいの一部空中を交えた懸垂下降で下に降り立った。もう少し、尾根を北に辿っていれば、奥壁エリアの上部に出られたようだ。
 とにかく無事に降り切りほっと一息。15:30には駐車スペースに降り立った。ここで遅い昼食をとる。正面壁を見上げると満足感が沸いてきた。
 隣に、ヒダボウの車があり、愛のエリア下にスギッチの車があった。「愛のエリア」ではピナクルのメンバーが登っているようだ。しかし、彼らは早々に降りてきた。バルコニーIIエリアにジローさんとその仲間の方達が登っているように見えたので、そちらへ行ってみることにした。結構手足は疲れてはいるが、「テラノ(5.10c)」あたりなら登れるかもと思いジローさんがセットしたヌンチャクを使わせてもらうことに。でも、やはり、手足はぼろぼろだった。3回くらいテンション掛けてやっと登れると言う有様。でもこのルートは本当に秀逸なルートだ。巧みなルート設定には感心させられる。野岳でいえば5.11bくらいに相当するだろう。川上さんは先ほどのマルチで足にマメが出来たと言うことでビレイだけでした。これで、今日のクライミングは終了。
 結構、満足のルートでした。川上さん本当にお疲れ様でした。次はリードも経験しましょう。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ