2006/12/2

日向神-クライミング  岩登り

<山行報告>
日向神(福岡)・・クライミング
【報 告 者】松井
【日   時】2006年12月2日(土)、3日(日)
【参 加 者】山道、山野、生駒、増本、中野、播磨、川上、黒瀬、今林、福島、光安、稲葉、松井

≪ 報 告 ≫
2日・3日 ; 日向神「愛のエリア」
3日 ; 日向神「蹴洞岩(弁天岩)−東稜) ・・・ 山野、黒瀬、松井

【12月2日】
熊本では朝から雨。日向神に9:00集合の当初の予定をあきらめ12:00集合に延期した。
9時30分頃家を出て、播磨さんを迎えに八女インターに向かう。あれ、筑後地方は雨の気配が無いぞ。予定通りの時間にすればよかったかなと悔やむもののそれはもう無理。12:00前にエリア到着。
ここで、山道さんたち先発隊は「愛のエリア」登っているとの連絡を受けた。
今日は熊本組を中心に、「夢中歩行(5.9)」、「初夢(5.10a)」、「本命チョコはあなたに(5.10b/c)」、「狸のモモコ(5.10b)」で楽しんだ。このエリアは、僕らの仲間で貸切だった。
皆さん、思い思いのルートにトライ。僕は、「初夢」から上部に延びる「スキー天国(5.11c/d)」に始めてトライ。OSもRPもできなかったが、なんか行けそうな感触をつかめた。
雨にも降られずちょっと寒かったけど、良いクライミングができました。
この後、グリーンパル日向神峡で忘年会に突入!
【愛のエリア「夢中歩行」の山道】
クリックすると元のサイズで表示します

【12月3日】
僕は昨晩飲んだ「ウコン」のおかげですっきり目覚め。
さあ、「スキー天国」をRPするぞ!と意気込んだが・・・。まずは、「愛のエリア」に出かけて、
「愛は勝つ(5.10b)」にトップロープ掛け。でも、いつ登ってもこのグレードは辛すぎる。5.11をつけても良いグレードだ。で、朝一のクライミングはテンション掛けながらの登りでした。情けない!!

それから、マルチのトレーニングに山野さん、黒瀬さんと蹴洞岩(弁才天岩)東稜に向かった。半年前、岳行人さんと登ったルートだったが、2ピッチ目は今回もフリーで越せない。まあ、もともと人工ルートなのだが、宇部山岳会の人がフリーなら5.10bと書かれていたこともあり、なんとかフリーで越したいと思ったが、やはりA0で越えるしかなかった。
山野さん、黒瀬さんもかなり苦戦していたようだ。時間は掛かったが気合で抜けてこられたようだ。これからは快適なピッチ。フェース、リッジ等を越えていく。最後のナイフリッジは岩が脆いこともあって皆さんにかなりの緊張を強いてしまった。
でも、この展望、最高でしょう。天気もそこそこ、向かいのバルコニーIIエリアでは二人組が登っているのが見える。
ピークで記念写真を撮って、5mの懸垂、ちょっといやらしいトラバースを経て懸垂下降地点に到着。10m下のテラス、それから、20m下ってルンゼに降り立ち、このクライミングは終了。後は、急なルンゼの藪を下って林道へ。
【蹴洞岩-東稜を登る】
クリックすると元のサイズで表示します

その後、みんなの待っている「愛のエリア」に向かう。
ここで、スバルのY田さん、W田さんコンビと、ピナクルのスギッチに出会う。Y田さん、W田さんコンビは「ごめんねムササビ君(5.11a)」をトライされていたので、僕はスギッチと組んで「スキー天国」にトライ。スギッチはいつも最高のパートナーだ。しかし、しかし、終了点の前の一手が取れない。左手の小さなフレークをガストンで取ってクリップなのだ。これはムズイ!!
スギッチも同じところでテンション!このクリップができないと3mくらい落ちるので結構恐い。
スギッチが左のガストンの上にホールドを見つけたようだ。今度はこれをトライしなくては・・・
このルート5.11c(一部には5.11dの標記もある)のわりには簡単に登れる気がする。スギッチも結局登れなかった。
次回のRPを誓って回収にかかった。僕とスギッチは「ごめんねムササビ君(5.11a)」でも
同じ日にRPしているクライミングパートナーといいえよう。今度はどちらが早いかな?

【愛のエリア「スキー天国」後一手】
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ