2006/9/23

初秋の比叡山  岩登り

<山行報告>
比叡山(I峰南面)・・岩登り

【報 告 者】松井
【日   時】2006年9月23、24日
【参 加 者】23日;生駒、山道、松井、24日;福島、勝野、松井

≪コースタイム≫     
【23日】植木(06:30) 〜〜高森==高千穂〜比叡山III峰下水場(09:00)
【24日】比叡山駐車場(14:30)〜〜高千穂温泉(15:30/16:00)〜〜高森経由〜〜植木(19:00頃)
・「ナックルスラブ」13:00スタート〜16:30終了点
・「第1スラブ」   10:00スタート〜13:00終了点

≪ 報 告 ≫
 やまびこ大集合が日之影町の丹助小屋で企画された。
先週の剣岳山行が悪天候で中止せざるを得なかったので早速この企画に乗ることにした。
 23日の早朝6:30分に植木町役場裏駐車場で沢グルメさん、綾吉さんと待ち合わせる。沢グルメさんの車に同乗して高森経由で高千穂をめざした。
さすがに今度ばかりは好天だ。比叡山下に到着すると大勢の人が準備しておりすでに1スラには取り付いているクライマーが望める。
 今回のメンバーは、クライマーEさん、ぴこまさん、沢グルメさん、まみりんさんの4名のマルチピッチクライミングのデビューの日だ。応援団は、綾吉さん、ますもさん、鹿児島から駆けつけてくれた黒ぴょんさん。

 まずは、III峰傍の水場に移動し、その横のフリーのエリアで練習。
「トリハダスラブ(5.10b)」に取り付くも、登ったのはずいぶん前のこと。
左側にルートを外れてしまった。気を取り直して、右側のカンテを越えたフェースに取り付く。微妙なスタンスだがなんとか登れた。ここは、四阿屋相当のグレードの付け方だ。日向神でも5.10c、野岳なら当然5.11aではないかな?
このスラブが登れればI峰南面の高いグレードのピッチはほとんど登れると思われる。
早速皆さんにトップロープで楽しんでもらうことにした。
沢グルメさん、クライマーEさん、ぴこまさんとなかなか良いぞ。その調子。

 土曜日組が一応登り終え、若干のマルチの手順の講習を実施。その後皆で今日のルートであるナックルスラブを目指す。何度も来た岩場なのに道を間違えてしまった。
結構距離があったように思えたのに取り付き点を通り過ぎてしまったようだ。こんな所に小さな神社が・・
全く知らなかった。100mくらい下って壁に向かうと、見慣れた壁に出会った。

 今日のメンバーは、クライマーEさんとぴこまさん。二人のトリハダスラブの登りを見ていて、スーパーのルートに変更。真直ぐ上の松の木を目指すこととした。
このスーパーのルートは以前にも登ったことがあったので気楽に取り付いたのが・・・

1ピッチ目(VI ⇒VII-?)
 まず、左のスラブに取り付き、段違いを右上し、小ハングを乗っこす。ここまでは良かったが、だんだん傾斜がきつくなってきて、またハング気味のフェースで、乗越し方がどうしても分からない。ビレイヤーはマルチ初めての二人だ。この際、仕方なくA0を選択、ヌンチャクを掴んで乗り越えた。更に急なスラブ、ついでフレーク、これをレイバックで越えて松の木でビレイ。冷や汗モノだった。
ボルダー上手のぴこまさんも、クライマーEさんもA0(ゴボウ)で突破。
2ピッチ目(V-)
 そこそこのスラブの直上。
3ピッチ目(V+)
 更に上を目指す。途中から右側のノーマルルートに入り松の木でビレイ。ここも結構立っているスラブだ。ピン沿いよりも更に右側を抜けると楽だったようだ。
ぴこまさんはそちらを選択。クライマーEさんは、ヌンチャクの回収の関係からルート通りの少し難しい方になったようだ。

【3ピッチ目終了点でのお疲れ気味のクライマーEさんと元気いっぱいのぴこまさん】
クリックすると元のサイズで表示します

4ピッチ目(IV+)
 ここからはノーマルルート。左側のスーパールートはVI+のフェースなのでフォローでも厳しい。スーパールートは5.10cくらいだったと記憶している。
右上の段違いを越えてスラブに出る。スラブに入ると易しい。声が通らなくなる心配と、きちっとしたビレイ点があるため途中でピッチを切る。
5ピッチ目(V-)
 簡単なスラブを登って左のフェースに入る。ナックルスラブのルートは更に左側のようだったがピンが見当たらない。右上に「ナックルフェースFYK」の白塗りのボルトがあったのでそこで、ピッチを切る。
6ピッチ目(5.9)
 FYKルートのこのピッチのグレードは5.9となっている。さすがに、このグレードではピンの数が多くルートファインディングが容易だ。左側のスラブの方が易しそうなのだが、ボルトは右のカンテ上に付いているので右端を登るしかない。50mいっぱいで終了点と思いきや、ロープが重い。無理やり引きづって安定した松の木で終了とする。この時、下ではロープがキンクして、待ってくれと叫んでいたようだ。それとは知らずに思い切り引き上げてしまった。声の通らない場所ではホイッスルが有効なのだが、前回のマルチで失くしてしまっていたため使えなかった。
 まあ、なんとか事なきを得て、ぴこまさん、クライマーEさんが登ってきた。
時間にして、3時間半くらい。このグレードでしかも始めてのマルチでは最高の出来だったように思う。
ちょっと、厳しかったけどお二人の充実した笑顔に安堵。今回のルートはI峰南面のルートの中では平均よりかなり難しい部類に入ります。ぴこまさんもクライマーEさんも自信を持ってくださいね。


稜線上でひととき休憩した後、一般登山道を下って駐車場へ。ぴこまさん、クライマーEさん本当にお疲れ様でした。

続いて、丹助岳の山頂直下にある小屋での宴会だ。日之影のAコープ、酒屋で買出しして温泉に入って丹助小屋へ。到着した時は19:00を過ぎていた。空は満点の星明かりだ。
ここで、やまびこの大勢の方々と懇親を深め、いつの間にか翌日に・・・・


24日(日曜)も晴天。
まずは、III峰下水場に立ち寄り、「トリハダスラブ」にトップロープ掛け。今回はスムーズに登れた。
今まで、このルートをきちっと登っていなかったのでこれがRPだった。
日曜日組の方々に簡単な講習をして、I峰下へ!今日は、I峰の代表的なルートである「第1スラブ」だ。こちらも、ノーマルとスーパーがあるが、ノーマルは登ったことが無いし、他の人が登っているのを見たことも無い。そのため、当然スーパーを選んだ。
先行組として西都山岳会の11名の団体さんがおられた。阿万会長が上の方から声を掛けてくれた。
おそらく、渋滞させて申し訳ないと言っているようだ。駐車場には「庵・鹿川」のヒデさんの車と思われるものがあり、どこか難しいルートを登っているようだ。
今日のメンバーはマミリンさんと沢グルメさんだ。取り付き点で、写真を撮っていざスタート。

【スタート前のマミリンさんと沢グルメさん】
クリックすると元のサイズで表示します

1ピッチ目(IV)
 階段状を左上し立ち木でビレイ。特に問題なし。
2ピッチ目(IV+)
 ここから、スーパールートだ。快適なスラブの直上。多くの方が登られている人気ルートのため、ルートファインディングも易しい。
3ピッチ目(IV-)
 更にスラブを直上。本来のルートよりも3m高いところにある立ち木でピレイ。
4ピッチ目(III)
 次の亀の甲スラブに繋げる踊り場的ピッチのため、そのまま、マミリンさん、沢グルメさんにリードで登ってもらった。ここで、西都山岳会の最後のパーティに合流。ゆっくり休憩タイム。
5ピッチ目(IV+)
 ここが、「亀の甲スラブ」と言われるところだ。亀の甲のような模様がクラックとして走っている。右にトラバースしてから直上だ。ダイレクトのルートもあるがこれは5.11a、おそらく5.12が楽に登れるようでなければ突破は難しいだろう。
6ピッチ目(IV+)
 このピッチは50mちょっとあるので2ピッチに分けるのが普通だ。右上の松の木までは簡単なのでマミリンさんにリードをお願いする。続いて沢グルメさんにも。このやり方は結構難しい。ビレイヤーはボディビレイで違うスピードの二人をビレイすることになる。まあ、なんとか工夫すれば出来る。
そのまま登ってもらったが、そのビレイポイントは西都の方が集まっておられたので急遽変更。二人に途中でセルフビレイを取ってもらって、僕が一段上のビレイ出来そうな立ち木の立っている位置に移動。
西都の方が登るのを待って一気に6ピッチの終了点まで伸ばしてもらった。二人とも初めてのリードとは思えないくらいのスムーズなムーブで突破された。良かった、良かった。
7ピッチ目(V+)
 ここは、このルート核心のピッチだ。ハング気味のところをうまくクラックを利用して越えなければならない。
2番手のマミリンさんは一度滑ってテンション。が、二人ともスムーズに突破。
8ピッチ目(IV-)
 ようやく最後のピッチだ。沢グルメさん、マミリンさんの順にリードしてもらうことに。左側に10m移動して傾斜の落ちてきたスラブを登り終えるとピークに達する。二人ともらくらく登れたようだ。

 マミリンさん、沢グルメさん、お疲れ様でした。登攀成功を祝って硬い握手。
時間は、ほぼコースタイム通りという理想的なクライミングでした。

【3ピッチ目をフォローするマミリンさんと沢グルメさん】
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ