2006/3/5

早春のハイキング(黒峰からトンギリ山)  ハイキング

<山行報告>
黒峰〜トンギリ(緑川源流の山)・・ハイキング

【報 告 者】松井
【日   時】2006年3月4日
【参 加 者】松井(単独)

≪コースタイム≫     
  植木(8:05) 〜〜栗藤登山口(10:25)――黒峰-トンギリ分岐(11:30)――黒峰(11:50)---黒峰-トンギリ分岐(12:05)---トンギリ山(12:20/13:20)――小川岳分岐(14:25)---小川岳登山道分岐点(14:55)---栗藤登山口(16:15)――植木(18:30)

≪ 報 告 ≫
 今日は朝から良い天気だ。春の陽気になる気配が感じられた。ちょっとスタートは遅れたが、8時過ぎには家を出ることができた。今日はできたら向坂山から北西に伸びている黒岩谷を遡行して向坂山に登り、黒岩山との鞍部から同じ地点に下る、沢登り+藪こきのバリエーションルートを取るつもりだった。が、矢部に近づくと三方山と向坂山をつなぐ稜線は真っ白。沢伝いでは寒いと思われた。1000m以上には雪が残っているようなので、ハイキングコースに変更。しかし、少しはアプローチを偵察してみようと思い、舞岳集落の先の小川岳登山道との分岐を過ぎ、さらに上流に向かってみた。が、すぐに林業作業中の車に行く手を阻まれてしまった。待っておくのも嫌なので潔くハイキングコースに変更。約6km北上(下流側)して栗藤集落に向かった。ここが、黒峰への西側からのルートの登山口である。ここまで植木からおよそ80kmの行程であった。2,3台の駐車スペースのある地点に車を留めた。
準備を整え、すぐに東側に向かう舗装道路を登る、まもなく黒峰への登山道が分岐する。標識は丁寧だ。栗畑の間の山道を登っていくと杉の植林地帯になる。この辺りから少し雪が残る。展望もなく快適ではない樹林帯を詰めると手前の鞍部に達する。この辺りからさらに雪ははっきりしてくる。数センチ程度だがすこぶる歩きにくい。アイゼンをつけようと思ったが黒峰分岐までの辛抱だと思い、靴のインサイドエッジを利かせて登る。程なく、東側が明るくなり鞍部へ到着。この地点には西郷隆盛休憩地との標識がある。その昔、この峠を越えた西郷の一行はどんな出で立ちだったのか偲ばれる。ここまで、1時間あまり。雪のためペースが上がらなかった。
 鞍部にザックを置いて黒峰まで往復することとする。小さいピークを超えると萱の急斜面が始まる。途中で、降りてこられる年配の夫婦とすれ違った。程なく黒峰の山頂。西側は萱の原、東側は杉の植林、あまり快適な環境とはいえない。ただし、展望はすこぶるよい。空も真っ青だ。ここでは、写真だけにとどめすぐにトンギリ山に向かうこととした。鞍部から東側の急斜面をトラバースしてトンギリ山の南側に回りこみそこから一息で山頂に。「トンギリ」という奇妙な発音は「トンガリ」のことなのか?名に違わぬ見事な尖峰だ。山頂は草地で、ここからの展望も最高。北に先程の黒峰、東向かいに祇園山・揺岳、北東にははるか遠くに真っ白い三角形の山頂を戴いた祖母山が望める。すぐ南側には小川岳とその奥に向坂山が、そこから西に向かって、三方山、稲積山、遠見山、矢筈岳と連なって見える。山頂でゆっくり昼食とする。先程、黒峰ですれ違った老夫婦も近くで昼食の準備だ。気温も暖かく、風のないところでは昼寝に最適の環境だ。1時間ばかり休んで、南側に伸びる稜線伝いに進んでみることとした。ここは、二次林か三次林だろうが落葉樹の多い尾根だ。春にはどんな花が咲くのだろうか?秋の紅葉のころは見事だろうな。そういうことを思いながら高低差の少ない稜線上を1時間あまり歩くと、舞岳から小川岳に向かう登山道にぶつかる。ここは、以前小川岳に登るとき2度ほど通ったことがある。この登山道を舞岳に向かって一気に下った。林道に出て、舞岳、赤木、尾ヶ分と集落がある。直線距離は短いようだが山襞を縫うように進むので全行程5.5kmもあった。ようやく栗藤に到着。
今回の累積標高差は約1000m、歩行距離は13.6kmだった。早春の一日を有意義に過ごせた一日だった。

【 山 域 】緑川源流域(熊本県)
【 地 図 】緑川(1/25000)
【ガイドブック 】なし


写真は黒峰山頂から祖母方面を望む
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ