2011/5/8

進行度は牛歩のごとく…  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑加工がようやく終わりました…(屋根上機器は仮配置です)。

3月の改正で40年余りの歴史に終止符を打った「雷鳥」と京都所の485系。その輝かしい姿を模型で残そうと以前から「雷鳥」編成を製作してきました。仕事が忙しかったのと加工に必要な部品がなかなか揃わず幾度か停滞しましたが、ようやく9両分の加工が終了しました。

クリックすると元のサイズで表示します
モハ484-81についてはPS16HGパンタグラフ(品番:0234)を載せるため、元のパンタ取付穴を埋め新たにパンタ台を作成しました。元々モールドされていたパンタ台の上に0.3_厚のプラ板を接着し、整形してから穴を開けなおしました。

クリックすると元のサイズで表示します
加工したパンタ周りのアップです。

次回はいよいよ塗装工程に入ります…To Be Continued.
0

2011/4/30

TOMIX 14系「さよなら北陸」  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑さよならシリーズは初購入です

'10年3月のダイヤ改正で489系急行「能登」と共に廃止となった14系寝台特急「北陸」。あれから1年…TOMIXから恒例の“さよならシリーズ”として「さよなら北陸」セットが発売されました。最終日の金沢行下り列車を再現したこのセット、個室客車の新規製作はもちろんですがEF64-1000番台をリニューアルさせてきているという気合の入った内容となっています(歴代のさよならセットにも気合は入ってますけどね)。

クリックすると元のサイズで表示します
セットに付属の機関車。写真右がリニューアルとなったEF64-1000番台、写真左は過去に限定品でリリースされたEF81ヒサシ付東日本色です。“最終日の下り列車牽引機”に合わせてナンバーを前者は1052号機に、後者は151号機にしました。
また以前紹介した記事に倣って、ナックルカプラー化を施しています。

クリックすると元のサイズで表示します
EF64-1032号機(KATO製品加工)との並び。車体色の青15号はTOMIXのほうがやや濃い目な印象があります。

クリックすると元のサイズで表示します
新規製作された個室寝台車。写真手前からオロネ14-703“シングルDX”,スハネ14-701“ソロ(シャワー付)”,スハネ14-756・752“ソロ”。

クリックすると元のサイズで表示します
編成両端のスハネフ14-20・30の車掌室側は、前述のEF64-1032号機も連結できるようにナックルカプラー化しています。

クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ14とオハネ14には銀河モデルから「北陸」セット用として同時期に発売された寝台ハシゴパーツを取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します
寝台ハシゴパーツ取付状態のアップです。パーツがエッチング製だけあって、金属感がいい感じを醸し出してます。
この他、客車全車の側面方向幕には寝台ハシゴパーツに同梱のステッカーを貼ってあります。

一通り加工を済ませて、夕方に近くのレンタルレイアウトで走らせてきました。
クリックすると元のサイズで表示します
EF64-1052号機で「あけぼの」を牽かせるの図。「あけぼの」が全車室内灯装備のため重量増によるカプラーへの負担と牽引力が気になりましたが、特に問題はありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
EF81-151号機で「北陸」を牽かせるの図。こちらのナックルカプラーも問題なしでした(ホッ)。

「さよなら北陸」セットを購入された方でEF81のヘッドライトがなんか暗いな〜って感じた方はおられませんか?私も購入時の店頭での試験走行の際に気になったんですが、調べてみると実はライトのプリズムの一部が遮光のために黒く塗られていたことが判明。エナメル溶剤で拭き取って再度組み込んだら、光量が格段にアップしました。気になる方はぜひお試しを。なお、分解を伴うので加工の際はあくまで自己責任でお願いします。

今までにリリースされた一連のさよならシリーズはいずれも価格面でなかなか手が出せませんでしたが、今回の「北陸」は以前から製品化を希望していたことと割引なら頑張って出せる金額になることから購入を決意しました。今年秋頃には485系「さよなら雷鳥」が発売予定ですが、プロトタイプが最終日の「雷鳥33号」に充当されたA01編成だと知りスルーしました。最終日の「雷鳥8号」に充当された(らしい)A06編成なら考えたんですけどね…(A06編成といえば大窓のパノラマグリーン車“クロ481-2101”がいますからね)。というわけで、おそらく今回の「北陸」が最初で最後のさよならシリーズ購入となるでしょう…。
0

2011/4/9

TOMIX製機関車にナックルカプラーを付ける  模型

TOMIXから今月発売予定の14系さよなら「北陸」セットに含まれるEF64-1052号機。完全新規製作ということもあって出来映えが楽しみなんですが、購入するとEF64-1000番台が2両になります。というのも、KATO製品ベースで加工した1032号機がいるからです(詳しくは昨年8月の記事を見てください)。
現在は「あけぼの」牽引機となっているこの1032号機にもぜひ「北陸」を牽かせたい…そして1052号機にも「あけぼの」を牽かせたい…と思っているんですが、そうなるとネックになるのはカプラー。「あけぼの」は既にナックルカプラー化されているので、1052号機に牽かせるにはナックルカプラーを装備させなければならないのです…。そこで、練習も兼ねてTOMIX製機関車にナックルカプラーを取り付ける加工を施しました。

題材になったのはコチラ↓
クリックすると元のサイズで表示します
↑既に完成形ですが

TOMIXのEF210-100番台シングルアームパンタ搭載車で、ナックルカプラー灰色(品番:Z01-K0224)を取り付けました。これでKATOカプラーを装備しているコキ104・コキ106を牽かせることができます。

クリックすると元のサイズで表示します
コキ106(KATO製・KATOカプラー装備)と連結させてみました。高さも特に問題ないレベルでしょう。

調子に乗って(!?)コチラの機関車にも取り付けました↓
クリックすると元のサイズで表示します
EF81-95号機レインボーカラー&EF65-112号機ユーロライナーカラーです。う〜ん…付属のTNカプラーよりもカッコよく見えるのは私だけ?!

牽引力のほうは…後日調査します(汗)。
0

2011/3/25

小ネタでリハビリ…!?  模型

模型の記事としては約1ヶ月ぶりとなってしまいました…。

最近仕事が忙しくなかなか模型を弄れない日々が続いておりました…。211系5000番台も前回紹介して以降進んでおらず、「そろそろ再開しなければ」と思っております。かといって、急いで進めれば失敗のもと。というわけで、まずは小ネタでもやって手を動かすことにしました。

まず1つ目はこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します
TOMIXのEF210-100番台シングルアームパンタ車です。KATOのAssyパーツを使って手摺りと解放テコを取り付けました。「だったらKATOのEF210-100番台シングルアームパンタ車を買えば早いじゃないか」って?それを言っちゃおしまいですよ…。
ちなみに写真ではわかりづらいかもしれませんが、ホイッスルと信号炎管も別パーツ化しております。

そして2つ目は↓
クリックすると元のサイズで表示します
115系1000番台JR東海仕様です。
ペンギンモデルのステッカーを使って行先表示を貼ったほか、クモハ115とクハ115の側面行先表示はGMの緑2号を塗って方向幕準備工事車を再現しました。

今後しばらくはこんな感じで少しずつ手を動かしていき、慣れてきたら本格的に製作・加工を再開しようと思います。まぁ昔から牛歩のような進み具合ではありますが(汗)、気長にお付き合いくださいませ。
0

2011/3/20

お見舞い申しあげます…  ノンジャンル

すっかりご無沙汰になってしまいました・・・。

まずはこの度の大震災で被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申しあげます。

地震発生当時、私は仕事中だったのですが、今までに体験したことがないような強い揺れに正直ビビってしまいました…。幸いにも設備故障や物の落下といった被害はなく、1時間ほど
安全確認のために作業を中断した程度で済みましたが、私が勤務している会社は宮城県にも工場があるため、震源地に近いこともあってそちらではかなりの被害があったとか…。しかも従業員の中には家族と連絡がつかない人もいるらしく、まだまだ気をもんでいる状態です。

回数こそ少しずつ減ってきてはいるものの、余震が続いております。くれぐれもご注意くださいませ。
0

2011/1/10

早くも完成予想が見えてきた…!?  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑ここまで進みました…

211系5000番台製作計画の第1弾として現在進行中の神領車両区所属車4両編成。前回記事でも書いたように、モデモの313系やマイクロの213系5000番台と繋げるべくTNカプラー取付加工とそれに伴うスカートの加工を施しました。
施工後に眺めてみると…「おぉ〜!カッコええやん」と自分でもご満悦になってしまいました(笑)。ただ、TNカプラーの位置関係を確認するために箱状に組み上がった状態で加工しなければならず、「壊したらヘコんでまう…」という緊張感もあって加工完了までに時間がかかってしまいました。加工のコツは掴んだので、残りの6両はサクサクっとできそうです(っていうかそうありたい…)。

さて次は床下機器の取付にかかります…。
2

2011/1/6

新年一発目のネタはこちら…  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑既に車体はできていますが…(屋根上機器は仮配置です)

年明けから模型製作に勤しんでおります。新年一発目のネタとして選んだのはグリーンマックス(以下GM)の211系5000番台キット。数年前にもこのキットを組み立てたことがあったんですが、素組みだったので床下はタイプとなり湘南色帯のデカールもクリアー保護なしのたね退色してしまい、お世辞にも観賞に堪える作品とはいえませんでした。
それでもキットは購入していていつかリベンジしようと機会を窺っていましたが、名古屋・大須にGMストアが開店してパーツを購入しやすい環境になり211系に特化した資料本も購入したことから、新年を迎えたのを機に一念発起したという次第です。

↓購入した資料本です
クリックすると元のサイズで表示します

今回のリベンジでは床下機器配置やステンレスボディの質感の違いに拘って製作しようと考えています。資料本を購入したのはそのためで、両側面から床下が見えるように撮影された写真が豊富にあり、床下機器がどのように配置されているかという点で参考になります。ステンレスボディの質感の違いについてもここ最近銀色塗料の種類が増えてきていて、実車に則した質感を再現しやすくなってきています。こういった環境もあって、今回はいろいろと拘って地道に作っていこうと思います。

一応計画としては4両編成2本と3両編成2本(以上神領車両区所属車)、3両編成2本と2両編成2本(以上静岡車両区所属車)の合計24両を製作する予定で(現在取り掛かっているのは神領車4両編成の1本目です)、神領車はモデモの313系やマイクロエースの213系5000番台と繋げられるよう密連型TNカプラーを装備させ、静岡車はKATOの313系2500・2300番台と繋げられるよう密連型KATOカプラーを装備させることにしています。

年内には陣容を揃えられるように頑張っていきます。
0

2011/1/1

謹賀新年2011  模型

門松新年明けましておめでとうございます門松
今年もブログ・掲示板共々よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

今年もマイペースで製品加工やキット制作の紹介やイベントの感想なんかをアップできればと思いますので、お時間あればお付き合いくださいませ。
0

2010/12/9

デジタルモデリングデビュー!?  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑ついに購入しました〜。

先週の金曜日にボーナスが出たので、自室用のテレビとエアコンを買い替えるついでにプリンターを購入しました(写真の白く四角い物体がそれです…って、見りゃわかりますね)。
以前から自作ステッカーや自作デカールに興味を抱いていた私、「プリンターがあればあんなものやこんなものも作りたいんだけどなぁ…」などと思いを巡らせる日々を送っておりました…。そんなタイミングでやってきた(!?)ボーナス支給日、前々からテレビの地デジ化対応とエアコンの買い替えを計画していたので、それならばと一大決心してプリンターを購入した次第です。ちなみにプリンターの上に乗っかっているRMモデルズ183号は今週通販で購入したものです。

まずは練習がてらいろいろプリントしてみて、ある程度操作に慣れてきてから自作ステッカー&デカール作りに挑戦してみようと思っています。デジタルモデリングデビューもいよいよ間近です…。
ちなみに予定している第1作目は「サンダーバード」で多客期増結に使われている683系2000番台R編成です。KATOの683系2000番台しらさぎ増結セットをベースに、窓下の青帯と「サンダーバード」ロゴを自作ステッカーもしくはデカールで再現できたらと考えております…。
0

2010/11/30

KATO E233系3000番台東海道線  模型

'06年に中央線用の0番台、'07年に京浜東北・根岸線用の1000番台が登場したE233系。系列初の近郊型として'08年に東海道線用の3000番台が登場しました。2階建てグリーン車を含む10両基本と5両付属の計15両編成で構成され、E217系東海道線仕様との共通運用で東京〜熱海間で運転されています。
模型ではTOMIXがE01+E51編成をプロトタイプに昨年製品化されましたが、今月になってKATOがE02+E52編成をプロトタイプに製品化。TOMIX製品を諸般の都合で購入できなかった私としてはぜひとも導入したいと思い、先週の土曜日に購入してきました。とりあえずは8両基本セットと2両増結セットを購入、5両付属編成セットは追って今週の土曜日に購入する予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓E231系東海道線仕様との並び。
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ