2011/1/6

新年一発目のネタはこちら…  模型

クリックすると元のサイズで表示します
↑既に車体はできていますが…(屋根上機器は仮配置です)

年明けから模型製作に勤しんでおります。新年一発目のネタとして選んだのはグリーンマックス(以下GM)の211系5000番台キット。数年前にもこのキットを組み立てたことがあったんですが、素組みだったので床下はタイプとなり湘南色帯のデカールもクリアー保護なしのたね退色してしまい、お世辞にも観賞に堪える作品とはいえませんでした。
それでもキットは購入していていつかリベンジしようと機会を窺っていましたが、名古屋・大須にGMストアが開店してパーツを購入しやすい環境になり211系に特化した資料本も購入したことから、新年を迎えたのを機に一念発起したという次第です。

↓購入した資料本です
クリックすると元のサイズで表示します

今回のリベンジでは床下機器配置やステンレスボディの質感の違いに拘って製作しようと考えています。資料本を購入したのはそのためで、両側面から床下が見えるように撮影された写真が豊富にあり、床下機器がどのように配置されているかという点で参考になります。ステンレスボディの質感の違いについてもここ最近銀色塗料の種類が増えてきていて、実車に則した質感を再現しやすくなってきています。こういった環境もあって、今回はいろいろと拘って地道に作っていこうと思います。

一応計画としては4両編成2本と3両編成2本(以上神領車両区所属車)、3両編成2本と2両編成2本(以上静岡車両区所属車)の合計24両を製作する予定で(現在取り掛かっているのは神領車4両編成の1本目です)、神領車はモデモの313系やマイクロエースの213系5000番台と繋げられるよう密連型TNカプラーを装備させ、静岡車はKATOの313系2500・2300番台と繋げられるよう密連型KATOカプラーを装備させることにしています。

年内には陣容を揃えられるように頑張っていきます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ