2008/8/25

485系スーパー雷鳥をリメイクする@  模型

TOMIXの485系スーパー雷鳥をリメイクすることにしました。既にHG仕様で発売されていますが価格的にキビシいので、旧製品を自分の技量の範囲内で加工してグレードアップしてみようというものです。実は3〜4年前にも一度挑戦したんですが途中で挫折してしまったためリベンジも兼ねたネタとして(あれ!?以前にもこんなこと書いたような…)、また旧製品ベースで製作予定の京都所A編成「雷鳥」への布石として製作していこうと思います。
今回は10両7+3分割編成と10両貫通編成の両方を再現できるように製作していきます。クモハ485-200は東京堂のレジンキットを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
クロとクハの列車無線アンテナ,サロの電話アンテナは別パーツ化しました。

クリックすると元のサイズで表示します
モハ484は3両のうち1両を1000番台として車掌室窓と車端の手摺を残し、あとの2両は車掌室窓を拡大して客室窓化を施し車端の手摺も埋めました。
共通工作としてモハユニットの非常口ハッチと洗面所窓,クハの洗面所窓の埋設加工も施しています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ