2012/3/9

客車の加工完了&追加工作  模型

「日本海」編成の客車の加工が終わりました。今回アップするのはオハネ25金帯車です。
クリックすると元のサイズで表示します
手前からオハネ25-32,オハネ25-152,オハネ25-147となります。
帯モールドの撤去と非常口の溝埋め、洗面所窓埋め(152番と147番はベースが銀帯車のため)を行っています。32番の非常口については閉鎖された部分が板で塞がれて段差がついている状態を再現するため溝埋めをした後0.3_透明プラ板を貼り付け、窓部分をくり貫いてからプラ板を削って薄くしました。屋根にヤスリがけの痕があるのはこの加工の時に若干傷がついてしまったため修正したものです。

これで客車の加工が一段落したので、少々気が早いですが並べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回仕立てる編成は下記のようになります↓
  @オハネフ24-21(白帯)
  Aオハネ25-32(金帯・引戸)
  Bオハネ25-152(金帯)
  Cオハネフ25-117(金帯)
  Dオハネ24-51(白帯)
  Eオハネ25-147(金帯)
  Fオハネフ24-10(金帯・引戸)
  Gオロネ24-5(白帯)
  カニ24-511(金帯)

この他に、多客期増結編成再現用・編成組み換え用の予備車として下記の車両も追って制作していきます。
  ・オハネフ24-15(白帯)
  ・オハネフ25-129(金帯)
  ・オハネ24-3(金帯・引戸)
  ・オハネ24-7(白帯)
  ・オハネ24-20(白帯)
  ・オハネ25-211(金帯)
  ・カニ24-116(白帯)

そんな中、前回のカニ・オハネフの加工から今回のオハネの加工までの間に、こんなこともやってました↓
クリックすると元のサイズで表示します
手持ちのTOMIX製EF81一般色を敦賀派出仕様にしました。今月にはそのものズバリが発売されますが、「せっかく客車を加工してるんだから牽引機も」ってことで施工しました。
誘導員手摺りは0.3_真鍮線で自作、バランサー点検蓋はレボリューションファクトリー製パーツを使いました。

次はいよいよ塗装に取り掛かります…。
0

2012/3/3

着々と進めてます…  模型

廃止を惜しんで模型で残したいと思い立って制作を始めた「日本海」現行編成。
途中の進捗状況をここでご紹介したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
写真手前からオハネフ24-21,オハネフ24-10,オハネフ25-117。
実車のオハネフ24白帯車の外付雨樋には、裾部で曲がっているタイプと真っ直ぐになっているタイプの2種類が存在しており前者が多くを占めていますが、今回は加工のしやすさも考えて後者のタイプに相当する21番を選びました。
青森車の特徴である車掌室窓の小窓化は0.5_厚のプラ板で元の窓を埋め、KATOの「あけぼの」のオハネフ24・25を参考にして窓の位置と大きさを割り出して開け直しました。

クリックすると元のサイズで表示します
カニ24は金帯車の511番と白帯車の116番の2両を制作することにしました。2両とも元の帯モールドを削っています。また、前面の手摺りを別パーツ化するため0.4_の穴を開ける準備加工も施しました(写真ではわかりづらいですね…)。

このほか、オハネ24白帯車とオロネ24については非常口の溝と洗面所窓(←オハネ24のみ)を埋める加工も行っています。

次はオハネ25-100金帯車の制作に取り掛かります。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ