2010/3/6

制作再開!上半期中には…  模型

来週のダイヤ改正で「雷鳥」は33号・8号の1往復のみとなり、しかも繁忙期以外は6両編成に短縮という寂しい体制となります…。
そこで改正を前に精一杯輝きを放って活躍する姿を模型で残そうと思い、一昨年始めた京キトA10編成の制作を再開することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチレーター別パーツ化の準備作業を施しました。
写真のクロ480-2301とサハ481-502のほか、クハ481-324にも作業しております。
今後他の車両にも展開していきます。

クリックすると元のサイズで表示します
屋根交換のテストが思いのほか上手くいったモハ484-1000は、そのままモハ484-610として制作を続けていきます。

クハ481-801が含まれるA02編成や大窓のパノラマグリーン車クロ481-2101が含まれるA06編成と共に京キト485系の中で注目されるA10編成。実車は改正後どうなるかわかりませんが、現在非パノラマ編成で唯一活躍するこの編成を模型でずっと残していこうと思います…。
上半期中には完成させて、オフ会やレンタルレイアウトでお披露目できたらと考えています…。
11

2010/3/4

実車は青一色…せめて模型で残しましょう…  模型

最近小ネタばかりでの更新ですいません…ゴメン

ラウンドハウスの475系北陸線タイプを弄りました。といっても、クモハとクハに列車無線アンテナを取り付けただけなんですが…。

クリックすると元のサイズで表示します
編成によって取付場所は異なるかもしれませんが…細かいツッコミはなしでお願いします(笑)土下座
これをもう少し弄るなら…あとは運転台側のTNカプラー化くらいでしょうか…。

最近JR西日本では地域別カラーを採用し始めており、北陸線を走る475系や413系は青一色に統一されることになっています。A19編成(でしたっけ?違っていたらゴメンなさい)が先月出場しましたが、今までのカラーリングに慣れてしまっているからでしょうか…どうにも違和感が拭えません(広島地区の黄色一色もそうなんですが)。
というわけで、せめて模型ではこのままの姿で活躍させることにしたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ