2008/8/30

485系スーパー雷鳥をリメイクするB  模型

前回の記事でも書いたように、TNカプラーと方向幕パーツの取付を行いました。
TNカプラーはトイレタンクが付けられるボディマウント式(品番0333)を使用、モハユニットとクハは床板がTNカプラー対応になっているので、トイレタンクや流し管のモールドを切除し床板の両端をカットしてカプラーを取り付けました。クロ,サロ,サハは床板の両端を3_ほど切り取り、カプラーは取付部をカットしてゴム系接着剤で固定しました。
側面の方向幕パーツはタヴァサホビーハウス製品の「新型国電用パーツセットA」を使用、元の方向幕の穴が隠れるようにセロハンテープで位置を調整しながら仮止めし、裏側から瞬間接着剤を流して固定しました。
クリックすると元のサイズで表示します
写真左からサロ481-2000,サハ481-500,クハ481-200。
TNカプラーと方向幕パーツの効果がわかりますかねぇ…?!

クモハ485-200は東京堂のレジンキットの前頭部とTOMIXのモハ485のボディを切り継いで製作することにしました。
切り継ぎ工作の練習も兼ねて、「雷鳥」A10編成の先頭グリーン車クロ480-2301を製作してみようかなと思ってます…。
0

2008/8/25

485系スーパー雷鳥をリメイクするA  模型

今回のスーパー雷鳥リメイクの目玉として正調サハ481-500も製作することにしました。
旧製品の増結セットに入っているサハ481-500はサロ481-1000を塗装変更しただけのものなので、KATOのサロ481をベースに改造製作します。

クリックすると元のサイズで表示します
洗面所窓と非常口ハッチを埋めました。また、台車ボルスター部を削ってTOMIX車と車高を合わせています。雨樋モールドも表現が甘いので、0.3_角のプラ材を製品の雨樋モールドの上に貼って少しばかり強調してみました。

この他、全車にボディマウントTNカプラーを取り付け、クロを除く全車の側面表示にタヴァサのパーツを付けていきます。
来月には塗装までこぎつけたいところです…。
0

2008/8/25

485系スーパー雷鳥をリメイクする@  模型

TOMIXの485系スーパー雷鳥をリメイクすることにしました。既にHG仕様で発売されていますが価格的にキビシいので、旧製品を自分の技量の範囲内で加工してグレードアップしてみようというものです。実は3〜4年前にも一度挑戦したんですが途中で挫折してしまったためリベンジも兼ねたネタとして(あれ!?以前にもこんなこと書いたような…)、また旧製品ベースで製作予定の京都所A編成「雷鳥」への布石として製作していこうと思います。
今回は10両7+3分割編成と10両貫通編成の両方を再現できるように製作していきます。クモハ485-200は東京堂のレジンキットを使います。

クリックすると元のサイズで表示します
クロとクハの列車無線アンテナ,サロの電話アンテナは別パーツ化しました。

クリックすると元のサイズで表示します
モハ484は3両のうち1両を1000番台として車掌室窓と車端の手摺を残し、あとの2両は車掌室窓を拡大して客室窓化を施し車端の手摺も埋めました。
共通工作としてモハユニットの非常口ハッチと洗面所窓,クハの洗面所窓の埋設加工も施しています。
0

2008/8/13

エアブラシデビュー間近…!?  模型

昨年暮れにエアブラシを購入してから早8ヶ月…まだ実際に使用していないので、そろそろエアブラシデビューを果たそうかと思い、行動に移すことにしました。
デビュー作に選んだのはこちら↓
クリックすると元のサイズで表示します
ネタはJR東海バスのセレガR。バスコレ第10弾の伊予鉄セレガRをベースに、フロントガラス,リアガラス,サイドの客室窓は同じくバスコレ第10弾の奈良交通から持ってきています。側面のつばめマークやロゴはGMの三菱エアロバス用を使って表現します。

華麗なるエアブラシデビューとなるでしょうか…?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ