タクシー求人情報はこちら

英語上達の近道!爆速で英語力を伸ばす方法

  | 投稿者: 知恵梟

六単塾の祐樹です。こんにちは。
https://www.rokutanjuku.com/sp1?ghd

あなたは

「英語上達の近道はないのかな。
地道な努力しかないのかな」

と思ったことはありませんか?


僕はあります。

「英語を何ヶ月も勉強しても
ちっとも上達した気がしない」

「英語を何年もやっているのに
しゃべれる気がしない」

そんな気持ちになったことが
山ほどあるんです。
停滞時期があったんですね。

僕は3年弱で
英語が話せるようになりましたが
最初の2年間は停滞してました。


でもそんな僕でも今では
英語が加速度的に
上達するようになれました。

最初の2年間は停滞してたけど
残りの1年弱で英語力が
ぐいーーんと伸びたんですね。

はっきり言うと最後の1年弱で
「爆速で」英語力が伸びたわけです。

そのおかげで外国人の早口の
英語にもついていけるし…。

道案内するときも積極的に
英語を話しにいけるようになり
とても幸せです。


僕がここまで英語ができるように
なったコツは簡単です。

★「高品質な英会話文をみつけた」

これに尽きるんです。


高品質な英会話文とは

・6単語以内
・ネイティブに動作確認済み
・他の会話に応用できる

という3つの条件を
すべて満たした会話文のことです。


この3つの条件を満たすって
けっこう大変なんですよ。

たとえば英会話文が100個あったら
高品質な会話文は
「たった1個あればいいほう」です。

つまり高品質な会話文の
確率はわずか1%ですね。

ドモ〇ルンリンクルのように
エクストラバージンオリーブオイルのように
厳選して精製したものとイメージしてください。


僕はこれらの1%しかない
宝のような高品質な英会話文を
苦労してみつけたわけです。

だから僕は停滞時期から抜けて
爆速に英語力が伸びたんです。


逆にいいますと

僕がずっと2年間も
英語が伸びずに停滞してたのは

「低品質な会話文」ばっかり
体得していたからです。


低品質な会話文はゴミです。
覚えるだけムダです。

どれだけがんばって勉強しても
ゴミの低品質な会話文を扱っては
英語力は伸びないですね。


英会話というのは「質」です。
「質」が勝負を決めます。

質が高い会話文を覚えれば
すこしの努力で
すこしの時間で
たくさんの会話ができるからです。

あなたがたった1%しかない
高品質な会話文をあつかえば
それだけで英語力は伸びます。


繰り返します。

次の3つの条件をすべて満たす
会話文だけおぼえてください。

・6単語以内
・ネイティブに動作確認済み
・他の会話に応用できる

この高品質な会話文を扱えば
あなたの勝利条件は確定です。


僕の主催する「六単塾」では
塾生さんから

「英語なんて絶対無理と思っていた
自分でも話せてうれしかった」

という報告をよくもらいます。

これは塾生さんがひとえに
高品質な会話文だけを相手に
しているからだと思います。

↓  ↓
https://www.rokutanjuku.com/sp1?main




-----------------------------------
発行:英語を楽しもう!六単塾
執筆:祐樹せつら

いつもありがとうございます。

-----------------------------------
英語上達の近道!爆速で英語力を伸ばす方法
-----------------------------------


.
※このメルマガは「毎日」
気合いを入れてお届けしてます!

「最近メールが届いていないなぁ」と
思われましたら「迷惑メール」の
フォルダをご確認ください。
「迷惑メールではない」ボタンを押すと
受信箱にちゃんと入るようです。

※お問い合わせ
下記よりお願いいたします。
https://rokutanhelp.blogspot.com/

※このメールの配信停止はこちら
(これまでお読みくださってありがとうございました!)
http://www.mag2.com/m/0000135343.html

















.

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎1日10分で英語をあきれるほど覚える講座
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000135343.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ