タクシー求人情報はこちら

●●川島 浪費リスクや買物失敗リスクを減らす方法

  | 投稿者: 知恵梟

※こちらは、まぐまぐ版でサブメルマガになりました。
メインメルマガはコチラです。⇒ http://7hk.jp/ik.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購読者数日本一(まぐまぐ総合第1位)
お金儲け2.0著者の川島和正メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは10年連続年収1億円川島和正です。
本日のコラムをお届けいたします。


■■コラム 浪費リスクや
買物失敗リスクを減らす方法


ほとんどの人は
なんとなく欲しくなったものを
買うものです。

食べ物にせよ、洋服にせよ
本や教材にせよ、不動産にせよ
気が向いたものを選びます。

そのため、優秀なマーケッターや
コピーライターは
理屈で説明してモノを売ろうとせず
巧みに心理誘導していくものです。


しかし、もしあなたが
買い物で損したくなければ
欲しいと思っても買わないようにして
理屈で考えることをお勧めします。

例えば、この食品は体にいいかとか
多少体に悪くても許容できる範囲かとか
この服は他人から見てオシャレな服かとか
この教材は実績あるものなのかとか
この不動産の本当の価値はいくらなのかとか
そう言ったことを考えるのです。


このように考えると
一時的な買い物の楽しみは若干減りますが
買って損するリスクや浪費するリスクが
かなり低くなります。

理屈で考えるからこそ
本当に必要なものや
人生の役に立つものを選べるようになり
無駄な出費が減るのです。

というわけで、あなたも今日から
なるべく意識してみることをお勧めします。

理屈で考えて買い物するようになれば
お金は貯まり、生活は良くなり
一石二鳥ですね。


★今ご覧のメルマガはまぐまぐ版のため
現在はショートバージョンになっています。
フルバージョンをご覧いただくため
新川島メルマガに登録いただけると助かります。

新川島和正メルマガ登録はこちらから
⇒ http://7hk.jp/ik.html

現在はコラムはなるべく同じように
配信できるようにしていますが
いつ廃刊になるかわからない状況であります。


★アップル&アンドロイド審査通過済み
最新の稼ぎ方を学べる川島アプリ
→ http://khkhk.com/ap.html

★新刊「お金儲け2.0
手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法」
立ち読み→ https://okane20.com/
購入→ https://amzn.to/2WNOUEy



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までご覧いただきありがとうございました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行人:川島和正 
http://7hk.jp/law.html
(送信者の情報はこちらに記載)

モットーは、「今を楽しむ」「熱く生きる」
「美しく生きる」「重要なことに集中する」

フェイスブック 
⇒ http://7hk.jp/fb.html
メルマガアプリ版アップル 
⇒ http://7hk.jp/1.html
メルマガアプリ版アンドロイド 
⇒ http://7hk.jp/2.html
川島塾ご案内 
⇒ https://kawashimajukuhk.com/

このメルマガでは
インターネットで出来るビジネスの最新情報を
もれなくお伝えしています。

私の元には情報が集まりやすいので
このメルマガを見ていれば
限定情報なども見逃しません。


お問い合わせやご意見・ご感想はコチラ
⇒ http://7hk.jp/question.html

発行者情報はコチラ
⇒ http://7hk.jp/law.html

メルマガ広告のお申し込みはコチラ
⇒ http://7hk.jp/magad.html

メルマガ送信拒否の設定はコチラ
このURLでメルマガ送信拒否の
受付をしております
⇒ http://7hk.jp/k1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





































◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000181856.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ