タクシー求人情報はこちら

【いよいよリリース!】定評ある羅針盤。あなたの元へ今。(IISIA原田武夫)

  | 投稿者: 知恵梟

───────────────[PR]─
中国に周回遅れと言わせない。
信用力をAIで測る時代がやってきた
誰も教えてくれない自分の「可能性」
それAIに聞いてみよう
https://i.mag2.jp/r?aid=Ma0984
─[PR]───────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IISIA代表・原田武夫の言葉をお届けします!

                   IISIA公式メールマガジン【号外】
                発行:  http://www.haradatakeo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

〜また“あの熱い季節”が到来!2019年7月、必ず勝つために!!〜
◎◎◎◎「2019年夏・中期予測分析シナリオ」ついにリリース!◎◎◎◎

⇒今すぐ↓コチラ↓からどうぞ!
  https://bit.ly/2J3lw4H
(*弊研究所の購買サイトにおけるご案内にジャンプします)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年に発売を開始して以来、定評ある「未来に向けた羅針盤」。
それが私たちIISIAの「予測分析シナリオ」です。

前回(2019年1月発行)は何と!
「1100冊」以上も完売致しました。
所員一同、嬉しい悲鳴を上げております!!

そして2019年7月。
お待たせしました。
いよいよまた、“あの季節”がやって参りました!

2019年夏・中期予測分析シナリオ『SHI-BI』。
2019年7月6日より堂々リリースです!!
既にたくさんの皆様がお求めになられています。

あなたは・・・未だですか?

【今回のハイライト】
─昨年(2018年)秋からの激変に始まり、明らかに大幅な変調へと突入し始めた
マーケット。一体どうなってしまうのか。
─昨年(2018年)は「10月10日」「12月25日」と2回の瓦落を的中させたIISIA。
 次はどのタイミングを”潮目“のターゲット・デートとしてとらえているのか?
─インフレが全世界で本格化する中、大変気になるのが我が国のデフォルト。  
 「国家が破産する」などということが本当にあるのか?
─揺れ動く世界情勢の中でもとりわけ気になる米国勢の動き。
 奇策を次々と打ち続けるトランプ大統領はこれからどう動くのか?
 特に北朝鮮、さらには「日米安保」はどうなってしまうのか?
 トランプ大統領が叫んだとおり、本当に「日米安保は破棄される」のか?
─金や原油といった「商品(コモディティー)」は本当に勝ち組なのか?
 はたまた暴落した仮想通貨に復活の日は訪れるのか?
─そうした中、いよいよ決定的な瞬間を迎えた我が国の皇室。
 そして決定された「令和」という新しい元号。それが持つ本当の意味とは?
 どこへ向かおうというのか?我が国はどこへ誘われるのか?
─運命の「2020年」に本当に東京オリンピックは行われるのか?
 気になるエネルギー政策、特に「福島第一原発」はどうなるのか?
─やおら「新紙幣の発行」を高らかに宣言し始めた我が国政府。
 その先に待っている運命とは?「デフォルト(国家債務不履行)は何時なのか?
・・・などなど、盛りだくさんの内容で今回もお届けいたします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪気になる『2019年夏・中期予測分析シナリオ「SHI-BI」』≫

⇒お買い求めは今すぐ↓コチラ↓↓からどうぞ!
 ・PDF版(48,000円(税込)): https://bit.ly/2J3lw4H
 ・製本版(50,000円(税込)): https://bit.ly/2RJXAG8

皆様のご利用を所員一同心からお待ち申し上げおてります!
どうもありがとうございます!!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
(免責事項)
※本教材・セミナーは、特定の金融商品の売買を推奨するものではありません。
 金融商品の売買は購読者ご自身の責任に基づいて慎重に行ってください。
 弊研究所は購買者が行った金融商品の売買についていかなる責任も
 負うものではありません。
----------------------------------------------------------------------
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所
Institute for International Strategy and Information Analysis, Inc.
公式Webサイト URL:  http://www.haradatakeo.com/
営業時間:平日(月〜金) 8:00〜16:30
※土日のお問い合わせに関しましては翌営業日にご返信申し上げます。
----------------------------------------------------------------------
【発行開始・解除はこちらから】
  http://www.mag2.com/m/0000228369.html

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎原田武夫国際戦略情報研究所公式メールマガジン
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000228369.html?l=lnv16936a5

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽あなたにおすすめのメルマガ【Pickup!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
●首都圏不動産インサイドニュース
https://www.mag2.com/w/0001674020.html  平日刊

不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!
不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。
家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。
海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。
かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。
業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。
決して損はさせません。村上しゅんすけ

★発行者webもご覧ください↓
http://www.con-pas.co.jp/lpmaga/


━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽『マネーボイス』人気記事トップ5
━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日本で急増する「住所を喪失」した人たち〜車上生活、漂流女子、8050問題が行き着く地獄
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6dee82635d5

●なぜジム・ロジャーズは日本株を全部売った?天才投資家が警告する日本衰退の元凶とは
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6dee8274748

●若者に年金生活なし。選挙対策で発表を遅らせた年金財政検証で見えた悲惨な老後
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6dee8279d38

●訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6dee827e38c

●副業あたりまえ時代はチャンス?時間をムダにせず成功する方法-PR-
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d4021473b9ce

『マネーボイス』 http://i.mag2.jp/r?aid=a5a67f3f41df2f
専門家と個人投資家の本音でつくる総合金融情報メディア

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽注目の著者 独占インタビュー!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
浅見帆帆子氏「嫌な上司が転勤で消えたり(笑) 強運な人たちには共通点がありますね」
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6debdcb617d

小川和久氏「テロリストにとって日本はターゲットとして費用対効果がいい国です」
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6debdcb7cd5

ホリエモンを最も早くオシャレにする方法【メンズバイヤー特別対談】
https://i.mag2.jp/r?aid=a5d6debdcb9826

───────────────[PR]─
新食感!カゴメがこだわり抜いた
野菜ジュース「つぶより野菜」
お試し15本セット【送料無料】
2,000円(税込 2,160円)
https://i.mag2.jp/r?aid=Ma0981
─[PR]───────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■平成最後の大賞は誰の手に
━━━━━━━━━━━━━━━━━
まぐまぐ大賞2018結果発表!
各ジャンルのスペシャリストが平成史
を振り返る特別企画も実施!
https://i.mag2.jp/r?aid=a5c13138081409
タグ: 転職 就職 相談



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ