タクシー求人情報はこちら

★物件購入だけで信用は得られない【 首都圏不動産インサイドニュース 】

  | 投稿者: 知恵梟

「勝てる投資家」を目指して!
===========================
 株式会社コン・パス 村上
 ☆首都圏不動産インサイドニュース
===========================

-----------------------------------
 代表村上のQ&Aコーナー連載中!
 コン・パスの公式YouTubeはこちら
    ↓  ↓  ↓
https://bit.ly/2IlLsJH
------▽▲Add my channel!▲▽------


村上です。


ときどき、怖い人のように思われますが、
そんなことはありません(笑)

人に何か命令したり、指図したりするのが、
好きではないので、
むしろ優しい方です(笑)。

自分が好きなように生きているので、
他の人も好きなようにすればいいじゃん、
と思っています。

そういう意味では、
他人に自分の意見を押し付けたり、
怒鳴ったりする人のことは、
まったく理解できません。

だって、怒鳴りつける人って、
自分の感情をコントロールできない人
ってことですからね。

そういう人のいうことを素直に
聞こうなんて、思いませんよね(笑)

そういえば最近、興味深いデータを見ました。
ざっくり紹介すると、以下のような内容です。


■人から暴言を吐かれた人は、
処理能力が61%、創造性が58%落ちる。

■自分の属しているグループに暴言を吐かれた人は、
処理能力が33%、創造性が39%落ちる。

■他人が暴言を吐かれるのを目撃しただけでも、
処理能力が33%、創造性が39%落ちる。


興味深いのは、自分自身が
暴言を吐かれたときだけでなく、
それを見ただけの周りの人も、
結構なダメージを受けるということです。

皆さんの中には、
職場で部下に怒っちゃってるなあ、とか
家で子供にひどいこと言っちゃったなあ、
なんて人がいるかもしれません。

でも、このデータを見ると、
人を怒鳴りつけることって、
百害あって一利なし、ですよね。

何かお願いするときも、
直して欲しいところがある時も、
冷静に伝えた方が、
結局、うまくいくんです。

しつこいようですが、
私は怒らない主義なので(笑)
こういうデータが広まって、
管理会社の若い担当者に、

「なんで空室が埋まらないんだ!」
「去年まではこの金額で埋まっていた!」

とか、怒鳴りまくっているおじさん的な人が、
減ったらいいなと願っています。

人にも、自分にも、優しくした方が、
人間関係もうまくいきますし、
健康にもいいですよ。

-----------
物件購入はゴールじゃない!
-----------

さて、本題です。
みなさんは、物件を買う前に

・この条件なら「買い」
・この条件以外なら「買わない」

なんて単純な選び方はしていませんよね?

もちろん、利回りを筆頭に、
購入の指標となるスペックは
必ず存在します。

しかし、高利回りの物件を買えても、
それだけで成功とはいえません。

・物件をうまく運営できず、
・資金繰りに困って売却したら
・トータルでマイナス収支だった

これじゃ成功どころか、失敗ですよね?

今回は、不動産経営における
成功とは何か?について、
あらためて考えたいと思います・・・


メルマガの続きはコチラ
⇒https://bit.ly/2XAmLkV



・・・
■1棟目で失敗したくない堅実なあなたへ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
致命的なミスを回避する4つの必修科目(無料)

http://ur0.work/YqpP


・・・
■専業レベルへの最短ルート!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
3000万円プチ資産家マニュアル(無料)

http://ur0.work/q3FV


・・・


■借金で人生を棒に振りたくないあなたへ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
オーバーローン破産回避マニュアル(無料)

http://ur0.work/x4vB

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎首都圏不動産インサイドニュース
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001674020.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ