2009/12/20

対空兵器コン  飛行機模型

BRISTOL Bloodhound SAM

英国空軍、地対空ミサイルです。   

ざっと調べるに、外側の固体ロケット4基で「ぶわ〜」っと10秒ほど加速して、
そののちラムジェット推進で目標突入となるようで。。。。 
当然目標はソ連のベアあたり?いやいや案外 B-52も想定内かも知れんが
・・・・とか

調べたところ、射程は100Km以下の局地防空ミサイルで
ナイキエイジャックス(アジャックス)とホークの中間的なミサイル
のように見えますが、その実態は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さすがのネットでも、まぁロクな解説文がみあたりません。
時代とユーザーの秘密主義なのでしょうか。。。
スイスあたりでは、導入から、予算まであんまり民主的ではなかった
ようです。
やっと拾った、英文の訳をなんとかかいつまんで・・・

まずは

●諸元

原産国:イギリス
製造:ブリストル
全長:8.46m
翼幅:2.83m
直径:0.546m
弾頭:HE
弾頭重量:?
発射重量:2270km
飛翔速度:マッハ2.7
最大射程:85km
推進方式:ラムジェット・エンジン方式
誘導方式:セミアクティブ・レーダー方式
型式:ブロードハウンドMk.I(初期生産型)/
ブロードハウンドMk.II(エンジン換装型)/
ブロードハウンドMk.III(核弾頭搭載型)/
ブロードハウンドMk.IV(輸出型)
生産数:783基

ついで、

●背景
イギリスの 地対空ミサイルBloodhound は50 年代のイギリスにおける主要な地対空
ミサイルでいくつかの派生型があります。

冷戦下 1947年から計画配備されたこのミサイルの群れは爆撃機「Vシリーズ」
とともに大いなる抑止力と分析されています。

Bloodhaound は英国のほか、オーストリア、スイス、スウェーデン、後に駐独英軍
でも使用された。


とここまではなんとか、つまみだせましたが、大半は意味不明
(翻訳日本語の解読不能)です。

「脈打ったタイプ」って「パルスレーダー」のこと??

●キットについて

エアフックスの72です。 牽引車のランドローバーはガラスなし、椅子もなしで
ガラスをフロント、サイドとも自作でくっつけてます。

最初は「なあ〜に3日もあれば」と始めましたが、古い金型のせいか、めくれや
型ずれが多く、その削り作業が多大で、すべての面に対して削るという難行苦行

そのおかげか、仕上げリは少々骨格が細身になって、リアルになった??(笑)


こうした見積もり違いで平日3日と土日までかかってしまいましたが、まぁ
こんなもんでしょう。

BRISTOL BloodHound SAM エントリー

2009/9/22

日本機以外にも・・・・・  飛行機模型

ブログの容量がまだ少しありあそうなので、

日本機以外のものもアップしてみます。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

グラマンやマスタング、メッサー、フォッケ、スピット ないですねww
キットは持っているんですが・・・・・なんでだろーか(爆)

2009/9/17

そろそろ転居か?残量小  飛行機模型

このブログも容量が残り少なくなってまいりました。

この際だからと旧軍機の総集編です・・・・駄作をのぞけば・・・

・・・・といっても、決して傑作という訳ではありませんが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

どれも、お馴染みの機体ですので、この際、名称は省略〜〜(笑) 

2009/9/12

CH−53E スーパースタリオン  飛行機模型


停滞していましたが、もぞもぞと再開し、胴体接着を完了しました。

このキットの下面は一枚板で、真ん中合わせではないので、ラクかも知れないと思いましたが、
側面との接合には、やはり少々パテが必要でした。
消えたリベットとスジ彫を、背面と下面に追加し、やっとこ、透明パーツのマスキングまで完了。

  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 左:スジ彫とリベットで、だいぶメリハリがつきました。 
 中:前部透明パーツは少々幅が大きいため胴体側を若干広げました。 
 右:マスキング完了状態・・・なんかどっかのロボット系の強面ですね(笑)


塗料の吹き込みを防ぐため、徹底的な隙間埋めの最中ですが、
やってる本人にはおよそ、完璧って言葉が似合わない(爆) 

結果はマスキングを剥がしてからのお楽しみ。。。。 

2009/9/5

マカロニヒューイ完成  飛行機模型

イタリアはアグスタ製ということで、勝手に命名しました(爆)

アグスタ AB−205 イタリア警察使用機を作ってみました。  
ようやく完成であります。

丸顔のUH−1B相当のイロコイもこのくらいカラーリングに恵まれれば、
なかなかなスタイルになりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

   3色旗        プラ棒のアンテナ線    どでかいホイスト           
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

一応完成したものの、ロータまわりにすこしパイピングが必要な気がします。
ちょっとググッてみますか・・・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


イタリア警察ということで、今頃思い出しましたが、フジミの48
OH−6カイユースはイタリア警察仕様も作れるようになっていなかった
けか?・・・・

んん〜〜・・・・・いらんことを思い出してしまった・・・・・また寄り道ですかね。

スーパースタリオンはなぜかビビッテまして、胴体貼り合わせが出来ていません。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ