2009/8/8

鐘馗U型のハ−109  

長谷川 32 鐘馗のエンジンです。
自動車でいえば、デストリビュータにあたるリングへの孔明けはちょっとハードです。

その孔へ二つ折りしたワイヤーを埋め込んで、一気筒へ2本づつ配線しています。

         素材は0.4mmのワイヤー(下にある商品)
クリックすると元のサイズで表示します

カウリングにこのエンジンを入れると、中ほどの3mmくらいしか見えませんが、
ワイヤーがあるとないでは、大違いですから・・・・

排気口のパーツは上下分割のパーツですが、同じ形ではありませんので要注意、
上上、下下でも合いますが、違ったものになりますので、説明図のナンバーは
しっかりチェックしましょうね。

2009/8/7

MH-60K SOA  飛行機模型

蒸し暑い中、今日も今日とてまた模型であります。
しかかり中のヘリコプター、本日完成を目論んでおりましたが、
案外とデカールの細かいのが多く、さらに、数箇所分がつながっているデカール
があってりして、手間取りました。

そして、あれやこれやとアンテナ類、ワイヤーカッター類など、コマゴマとした
パーツも多く、メインローターまでは手が付きませんでした。

本日はここまで…(o´I`)…。oO[ふー・・]。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これだけ外部に取り付けるパーツが多いのはヘリコプターの特徴でしょうか・・

それにしても、それぞれの色の指定がはっきりしません。

今日気づいたこと・・・操縦席の側面窓・・・・小さい・・・あか〜ん

2009/8/3

フラッシュサーフェース  飛行機模型

イタレリ 48 MH−60K クリアパーツを取り付けました。
隙間をパテで埋め、充分乾いてから、出来た段差を削り、コンパウンドで磨きます。
当たり前のことですが、面倒くさい・・・・・。  
機首そのものをクリアパーツで成型できんもんかね〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します

このあとはマスキング

このヘリコプターは珍しくツートン・・・・

でも、ネットを捜しても、この絵は出てきません、それどころか、該当する型式には
この形態のものがありませんし、箱絵とも違いますので、勝手にやらせていただきます。

また、胴体下面はのっぺらぼうですので、35用エッチングパーツの説明図を参考に
ちょこちょことD−upしています。

次の問題はローターの色かなぁ〜  わかんないです 

2009/7/26

暑さのせいでノイズがのった?  飛行機模型

カタチに疑問をさしはさんだ手前、つくらにゃならん。

・・・というわけで、なにが起こったのかあまり自覚のないままに
長谷川の新作32「鐘馗」を手にしていました。

             さっそくテープ組み
クリックすると元のサイズで表示します

合いに関しては、そりゃ〜長谷川ですから・・・でも小物の合いはどうなんだろう
スカイホークは酷かったし。

初見時違和感の部分を写真で確認しましたが、なんともビミョ〜なカンジですね。

スジ彫追加とリベット追加はやりません。

気合の入ったフィギィアーが入っていますが、どしょーかね。

2009/7/23

突如としてココまで  

ヘリコプターの盛り上がりと行き脚にまかせ、KV-107を始めましたが、いやぁ〜
パチピタサクサクでずんずん進みます、スーパースタリオンよりもイイかもです。
先行している、イタレリのMH-60Kはパテまみれで只今乾燥中・・・・意外に難物
コレに抜かれる日も近いですかね〜。

  リアルな内装      外観も良い感じ     孔明けは早々に
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

意外にも小さい機体ですが、タンデムローターのおかげでキャビンの容量は
UH-60系に比べ見た目で倍は確実なような・・・・

        多分こんなカンジの完成品に・・・(したい)
クリックすると元のサイズで表示します

このレーダーの装備方法はなんなんでしょう。 荷物の積み込みは放棄してる?
冬は寒いんじゃないか???  などと気を使ってみるww



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ