2007/6/30

コレだけ長いP−2J  飛行機模型

改造パーツを組み込む長谷川のオリジナルキットと比較してみました。
データによると、実機は1.3m長いンだそうです。
             灰色がオリジナルです。
クリックすると元のサイズで表示します

機首は全く同じなので、延長部だけ改造パーツにすれば、いくらかでも
お値段が安くなったのでは?と思うのは浅薄でしょうか・・・・
逆に、カットが複雑になったり、接合が真っ直ぐなるようにしなければ
いけませんので、工作は難しくなりますね。

キャノピーや機首のスポンソン風防はオリジナルを使うので、どちらの
機首部品が合いがよいかで、また悩みそうですね・・・。

レジンパーツといえば、「重い」というイメージですが、このくらいになると
プラキットのように、中空になるようになっていますので、意外に軽いのです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ