2007/6/7

外殻の補強  飛行機模型

こんな補強方法はいかがでしょうか?
Q400の延長プラグは1mm厚のプラ板なのですが、どうしても押すとぺこぺこ
しますので、こんな補強方法を考えました。

ノコギリでスリットを作り、そこにプラ板を挟み、瞬間接着剤で接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

これにより、内側から補強したかのような強度が出て、このあとの、パテ盛りや
サンディングに対してへこむことはなくなります。

ノコギリの刃幅が大きければ、厚いプラ板が使えるので、さらに強力!!

このやりかた、削りすぎて、コンニチワしそうな場所にも有効で、その上に
パテを盛れば大丈夫。

どーでもいいけど、トラペのビジランティに始まりDC−3の南極版といい、
先ごろのコンコルドといい、補強だけはうまくなったような・・・・。

それとも、やらずにおれないようになったか?? そんな〜・・・・




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ