2007/2/12

南極変じて難局に。  飛行機模型

南極観測50周年 を祝ったつもりはござんせんが、 米国の南極観測
(南極を米国領土とすべく暗躍する序章の行為)支援の航空機をやってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

キットはエッシーの72   相当古いです。    よって、デカール障害が
発生しました。  事前に劣化を察知し、表面コーティングを施したのですが
別の問題が発生しました。

エッシーに限らず、舶来のキットデカールには、台紙に地色がある場合があります。
今回はその地色がデカールにそのまんま乗り移ってきまして・・・・・
余白ならぬ、余ピンクになってしまいました。

そして、この画像を公開するまでには、この余ピンクを全部切除する作業がありました。

ご想像ください。
もっとも大変だったのは「UNITED STATES NAVY」でした。

古いデカール、の対処法として、リキッドデカールや光沢クリアで逃げてきましたが
これは意外な現象でした。

本日脚やその他をやってましたが、まだ完成しません。

そうそう、ガビガビデカールにレスしてなかったナ・・・・・。

日本もオーストラリアに場所借りて、支援機をしょっちゅう飛ばすくらいの支援
体制があってもいいと思いますが・・・・ヤル気が違いますかね・・米国とは。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ