2006/10/21

ある日の晩酌の友  

今晩の晩酌にと、お酒を買いに行きました。
色々なお酒が飲めることから、オッサンの代名詞のようなカップ清酒が
女性の間でも人気とか・・・・・数ヶ月前に新聞に出ていました。

若い女性というと、ワッとブームを起こして(実情は周りが放火!!)根つかずに
消えていくブームを作ってきたような・・・・

ま、 そんなブームで色々な各地の清酒が小リスクで楽しめるのは歓迎すべきこと。
なにせ、一昔前までは「ワンカップ大関」しかなかったのですから。

そんなこんなで、お酒の売り場でも多種多様の少量小分けのカップ酒が並んでおります。

今回目に止まったのは、土佐の「四万十」 (瓶では置いていませんでした。)

クリックすると元のサイズで表示します

いただきました 「うぃ〜・・」。

クリックすると元のサイズで表示します

これはヤバイです。 一升瓶だったらどこまで行きますのやら・・・・コワイです





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ