2009/8/3

フラッシュサーフェース  飛行機模型

イタレリ 48 MH−60K クリアパーツを取り付けました。
隙間をパテで埋め、充分乾いてから、出来た段差を削り、コンパウンドで磨きます。
当たり前のことですが、面倒くさい・・・・・。  
機首そのものをクリアパーツで成型できんもんかね〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します

このあとはマスキング

このヘリコプターは珍しくツートン・・・・

でも、ネットを捜しても、この絵は出てきません、それどころか、該当する型式には
この形態のものがありませんし、箱絵とも違いますので、勝手にやらせていただきます。

また、胴体下面はのっぺらぼうですので、35用エッチングパーツの説明図を参考に
ちょこちょことD−upしています。

次の問題はローターの色かなぁ〜  わかんないです 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ