2009/6/22

畳んで包んで  飛行機模型

CH-53E スーパースタリオンの内装をやっています。

天井、床、左右の内張りで出来ています。 どうせ見えなくなるのでこんなもんで。
無事に四角に組み立てられるか、この時点では若干心配だったのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

   出来た具を包む     フレロンと比較       この注意書きは? 
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

割と精度よく組みあがるようです。 旅客機の背中とヘリの腹は合わせにくいのが
よくあることなのですが、このへりの腹は一枚板で出来ているので、楽かも。。
写っていませんが、ベンチシートは付いていますが、背もたれ用のメッシュ状の
ものは、パーツもないし、制作指定もありませんでしたので、オミット

1/35のフレロンも大きいですが、スーパースタリオンはさすがにデカイです。
大きな模型はなんかうれしくなってきますねぇ〜・・・・・。

ところで、後部ランプの頭上の注意書き「左に曲がれ!!」なぜ右ではいかんのか?
たしかに、左側ならエンジン1基なので、右に曲がるよりは多少熱気が少ないのかも
・・・・と思ったり。
それとも、ローターに叩かれる確率が少ないのかも・・・・と思ったり。

ご存知のかたは教えてください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ