2009/1/25

超音速機にしては・・・  飛行機模型

なにかにと、いろいろありながら、待ったなしのF-5N Tigerはそれなりに
すすめております。

それぞれの主翼下面のうねりのパテ修正・・・いやさまざまですね。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがのハセガワ製もパテなしとはいかないようで・・・・

左から 朴・朴・ハセガワです。
 
クリックすると元のサイズで表示します
3機分のシートです。 
ここは大して差がないようですが、ヘッドレストの横んところが違いますな
元のハセガワのミスっぽいです。

クリックすると元のサイズで表示します
難工事の主翼をはめての集合写真・・・。
なんてことありませんが、モチベーションアップ〜〜ってことで。

心積もりよりも、早くも1週分遅れですかねぇ・・・・・




2009/1/13

Freedomfighter/Tiger  飛行機模型

F−5は自由主義圏内中小国空軍向けに、大国アメリカがばら撒いた
戦闘爆撃機です。(それなりの傑作機であることは否定できません)

そんなF−5 ワタクシが解説するよりは、ウィキペディアで調べてください。

             F-5A透視図
 クリックすると元のサイズで表示します

MIGに対抗しての供与や売却ですから運動性はかなりのものらしいですが、
案外しょうもない悪癖があったりします。

多数の空軍で使われているのですら、その塗装パターンはもう大変な数で・・・
模型にするとなると、どれにするか絶対決められないと思います。・・・・
・・・でアドバーサリー・・・なの(笑)


ネット上で露出が多いのは多分このスイス空軍でしょうねぇ〜

クリックすると元のサイズで表示します

妙な写真ですが、山岳地帯のスイスのこととて、このようなロケーションに
射爆訓練場があって、こんな目線で見学が出来るようなのです。
Youtubeで捜すと画像がいくつか拾えます。

まぁ、わが国では安全上、アウトな設定でしょうね。

★You-Tubeではこのような動画が出てます。

http://jp.youtube.com/watch?v=AjMuOmiB6DQ

2009/1/12

F−5N Tiger U  飛行機模型

アドバーサリー 1/32 F-5N TigerU 開始しました。

この三連休でコクピットを完成させようと思っていましたが、 なぜか
後部胴体と垂直尾翼の作成より始まりまして、主翼の表裏の処理で
三連休が終わってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

手前から、ハセガワ・K国製パクリ品・同 です。 

まぁ 安いからと手ぇ〜出したのが良くなかったのですが、パクルなら
しっかりと根性入れてパクリやがれ!といった出来でございます。

武装のオマケがあるのと、シャークノーズが入っているのはうれしいのですが

3200:1870のレシオに相当し手間がカカリマス。

同じ出来なら、今頃は・・・・・・。



2009/1/8

P-3Cに出張ってもらおう  

ソマリア沖の海賊対策で護衛艦の派遣などが検討されているようですが、
いろいろと問題が多いようですね。
ならば、現在80機ほどの即応作戦機があるP-3Cの派遣は出来ないだろうか

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機ならば、直接海賊とカオを合わせることもないし、見極めも必要ない
ましてや、銃撃、爆撃の必要もない。
昼夜哨戒をして、不審船を他国海軍艦艇に通報すれば、充分抑止力になる
と思うのだが・・・・ 

護衛艦を抜くには、少々無理があるようで、困っているようですね・・・・

昨今の、ぐずぐずの対応にちょっとイライラ


2009/1/3

1/32Skyhawk完成  飛行機模型

2008年末の完成目標でありました、ハセガワ1/32Skyhawk
一年遅れ(実質2日なのだがw)で完成です。

小型ジェット艦攻のSkyhawkといえども、32サイズでは撮影台に
3機は載りませんので、集合写真はなし。  単機づつの撮影となりました。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

A−7コルセアに交替し、アメリカ空母上から姿を消したA−4は
空対空ミサイル万能論を打ち砕いたベトナム戦真っ盛りに設立された『TOPGUN』
を皮切りに数個の航空団で多用されました。

軽量化されたA−4とベテラン教官パイロットの組み合わせによる”敵機”を相手に
する、若いファイターパイロット達は震え上がったとか・・・・・・
映画『TOPGUN』でもよく現されていました。

制作にあたっては、この軽量化というのが、武装だけではないので、
アンテナ形状やセンサーの有無が決定できませんんでした。
さらに塗装・マーキングが時期や場所でちがうようなので、なかなか判断に迷う
ところが多々ありまして…(o´I`)…。oO[ いいや、やっちまえ ]。

特に複座のTA−4Jなどは、かなり想像(7割ほどw)がはいってますが、
雰囲気出てるでしょ・・・・。

※昨年末の画像とアングルはほぼ同じでしたね(笑)
 しかし、今回のは排気口のパーツと、垂直尾翼のピトー管とアンテナは追加
 されており、バックを変えて撮り直しています。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ