2008/1/27

河豚??  飛行機模型

イタレリ印・ズベズダ製Ka-29TB(って書いてあった)です。

少し進みました。 

ヘリの透明パーツってのは、まず合わないと相場が決まって
いますが、 これは、意外にもこのキット他の部分のよりも合わせは良好でした。

筆塗りで迷彩塗装をしました。  マスキングしないのはラクです。

組み立て説明書の塗装図と箱の裏の塗装図はパターンが違いました。

上面、下面の図はありませんので、全体的にテキトーです(笑)

                ハム太郎?

クリックすると元のサイズで表示します

            いやいやこれはフグだろう

クリックすると元のサイズで表示します

胴体はこれで完成です。 これから、相当な数の小物の接着が始まります。
どれもみなバリだらけで、ステーはすべて、金属線で作り変えたほうが速そうです。

さてココまで出来たら例によって、長〜い眠りにつくことに・・・・?

2008/1/26

ナナニイだからいいようなものの  飛行機模型

48の軍用車両の話題がちらほらと出ていますね。

屠竜付属の給油車は別売りされるようですし、エンジン起動車も・・・・

過去に72サイズなりゃこそで、こんなのを作ったことがありました。

           隼戦闘機爆装出撃準備風景

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ナナニイだからいいようなものの、
48だったら根気が続くかどうか…(o´I`)…。oO[アカンやろな]

画像を見ると、思い出します。
 一旦筆ぬりで始めましたが、塗料を拭き取ったシンナーがキツくて
若干表面が荒れてしまいました。
完全に乾くのをまって、サンディング・スジ彫りなおし・塗装
尾輪折れて、複製したりでケッコウ苦労してます。

その出来の悪さを隠す為の情景作製となった次第・・・・

¥300の隼を救うのに、これだけヤル気になったのはどうしてだったか
思い出せません(+_+)。

左翼に爆弾を懸架しようとしているのは、マチガイですね。イカンイカン。

展示会では、絶対ウケると思ったのですが、意外にウケなかったです。
なんでだろーか。。。

2008/1/23

半完だったらナンボでもU  飛行機模型

またまた変なものを仕掛けてしまいました。

Ka−29 HeliX (イタレリ印のズベズダ製)であります。

・・・・・手前の半完ね。 

クリックすると元のサイズで表示します

そして、隣の完成機はKa−25Hormone(AirFix)
艦載対潜ヘリコプターなんですが Ka−29はどうも、
海兵隊(ロシアではなんと呼ぶ?)用の攻撃ヘリコプターらしい。
(アリゲーターちゅう別名もあるらしいゾ)

西側ではほとんど見られない反転ローター装備の機体です。 
機体を小さくするには有効な方式 のようですが、そのメカのために重く
なったりするかもしれません。

このキットがっちりと硬いプラで、そのうえ厚みもあるので、
カッチリと組めるものかと思いましたが なかなか手ごわい・・・・・

やはり、旅客機の背中とヘリの腹は要注意という経験則どおりの
事態になりました(笑)

・・・・・だったらなんとかしろよ  という突っ込みはOKとしましょう。

Ka−25の時は、なんの加減かプラが脆くて細かい部品がポキポキ折れました。
1枚のローターは接いであります。    

デカールは腐っても、プラは腐らないと思っておりましたが 腐るプラも
あるのだろーか・・・・・。

どうでもいいことですが、Ka−29の側面形は「ハム太郎」に似ていると
思うのは想像力が豊かすぎ?(爆)

2008/1/22

マスキングテープ  飛行機模型

買い物ねたです。

マスキングテープと塗料、溶剤はケチらないというコンセプトにより
惜しげもなくというほどではないが、ケッコウ潤沢に使っています。

このたび、愛用の3M社製18mmテープがきれましたので、
行き着けの模型屋さん で買おうとしましたが”売り切れ” 

・・・・・仕方がないので、これも在庫が切れかけている
24mmを2本買い、18mmは近所の模型屋さんで買おうとしました・・・・

その模型屋さん、3Mは置いていなくて、同等品は☆★ブランド・・・

  「ディスペンサ付って高いナ  単体は」

あったあった「ぎょえ!¥230!?」  これも馬鹿っ高ですな・・・ヤーメタ

ということで、ケーヨーD2へ・・・・で以下が購入品

              マスキングテープと筆

クリックすると元のサイズで表示します

なんと7本パックで¥498です。  

☆★だと3倍以上(一般小売店ということもあるんでしょうけど・・)ということ
・・・どっちの値段も「ダイジョブかい?」って値段ですね。

ななに屋はこのテープを3Mのかたつむりに入れて使います。 
☆★のディスペンサーよりも快適です。

もうひとつが「筆」です。  

高い筆(¥500超)は使ったことがなく、買ってくる筆は大概の場合溶剤に負けて
毛が抜けたりしますので、「溶剤でも大丈夫」といううたい文句に食いつき、
すでに一本「撹拌用かハンドピースの カップ清掃用でいいや」というノリで
購入して使っていました。    

筆塗りで使っても、意外に良好だったので 買い足したしだい・・・・


ただ惜しむらくは、ちょっと太い4号が「2本になってしまったぁ〜(爆)」

2008/1/12

麺好きの想い  

うどんはあまり食べませんが、蕎麦は食べます。

ラーメンは、言わずもがなよく食べます・・・が 

ついつい目が行くのがカレーうどん」なのであります。

       「手打ちうどん 久兵衛屋」黒豚カレーうどんクリックすると元のサイズで表示します

カレー好きで麺好きとなれば、理想の食べものなのではなかろーか・・・・

しかし、うどんという食い物 最近はなぜか、「コシ」 という名の歯ごたえを
押し出した 硬い麺になってますね。

なので、正直「味の民芸」のうどん以外は外食しません「硬い」から・・・

・・・「コシ」と「硬い」を混同してねーか??

このカレーうどんもご多分に漏れず、たぐっても縮れたまま口に入ってきます。
いかんな・・・・

これじゃぁカレーがうどんに絡まない・・・・

次回は「うどんをくたくたにしてください」と頼もうか。


麺の硬さを別にすれば、満足なカレーうどんではありました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ