2007/12/31

マッチボックスなんだからね  飛行機模型

ただいま製作中 Heinkel He115

キットはマッチボックス1/72 です。 マッチといえば有名な運河彫りと
やる気のないモールド、 そして分厚い翼後縁 と相場が決まっておりますが
このキットの運河彫りは動翼の部分のみ、他は必要以上の省略で凸モールドが
少々のあっさり味(笑) コクピットにいたってはイスしかありません。

             箱絵はなかなかカッコいい
クリックすると元のサイズで表示します

             そして実機もこの迫力
クリックすると元のサイズで表示します

このHe115は 偵察、索敵、哨戒 そして雷爆撃機として使われた機体で
ソ連向け物資輸送作戦いわゆるQP船団を攻撃する側として名前が出てきます。

頑丈そうで、強そうで、さも高性能のような・・・ドイツの水上機の例に漏れず
鈍足でした。

この飛行機はスウェーデンやノルウェーにも輸出されていて、鹵獲機を英軍も
ドイツの塗装のまま、偽装偵察機として使っているそうです。


さて、制作ですが、まずやることは翼後縁の「うすうす」。 オリジナルでも
手触り的には薄い感じがするのですが、 後縁直前から急カーブで絞っている
いるため、薄い感触なのですが、見た目は「ぼってり」しています。

 オリジナルのモールド   ここまでシャープに     運河は深かった

 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
 垂直尾翼は未修正     薄すぎて欠損が・・・  アンだけ削ってなお 

今年はコイツをイジッて越年です。

現在胴体貼り合わせまで、操縦桿とシートベルトと機器らしきもの、そして、
ジャンクのデカールを切り貼りした計器盤を仕込みました。

塗装はスウェーデン機の予定ですが、 スワスチカのデカールが見つかれば、
ドイツ機も・・・いい

ななに屋が作るドイツ機はこんなんばっかりですね(笑)



   



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ