2007/11/23

寒くなりました。  

ここ埼玉も紅葉。
ずいぶん寒くなりました。

            木枯らし一号クリックすると元のサイズで表示します

コートをひっぱり出しました。
掛け布団を新調しました。

冬篭りなんですが、灯油も高くなりましたなぁ〜。。。

2007/11/20

戦前の行進曲  

戦前戦中の日本の行進曲集です。  
明治から現在まで、日本にも行進曲は多いのですが
殆どが、曲名からして軍隊色の強いものとして、戦後封印されてしまった
ものも多いのでしょう、
選曲の基準はわかりませんが、行進曲「軍艦」以外は聞いたことのない
曲ばかりです。

銃後の戦意高揚策として、なにか大きな戦果やトピックスがあるとそれを
讃える歌とか、 ちなんだ歌などが多く作られ、そのメロディをトリオに
採用し、行進しながら歌も歌える といった趣向のものも多くあります。 

ケッコウタイトな日程で忙しく作られているような 解説がありまして、
なかには、軍楽隊員が3−4日で作ってしまった例もあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

聞いた感想・・・・ 
◆古い年代のものはフランスマーチ調 よく似た感じ 
◆だんだん日本調の旋律にちょっとこぶし的な修飾音
◆開戦前の年代では、ドイツ風に信号ラッパ、ファンファーレ的な伴奏多用
◆あまり特徴的な旋律や耳になじむ旋律はない
◆ブンチャカチャチャ・チャラチャンチャン・チャチャッチャッと軽い・軽すぎ
◆チンドンサウンドといえば怒られるでしょうか
◆軍隊色が強い分を差し引いても、戦後に残る曲ではないような。
◆やはり軍艦行進曲がアレでもよく出来ているような

このCD、たまたま買いそびれたCD(戦争スペクタクルテーマ)を探していて見つけた
ものです。   
外国の曲も含めて数枚のシリーズで出ているようですが、収集するかどうか
迷いますね・・・・  そうだ!!図書館へ行ってみよう 〜-t(^o^)。oO


2007/11/14

おいおい  

砕氷艦「しらせ」の後継は やっぱり「しらせ」

記事はこちら

クリックすると元のサイズで表示します

現存の艦名は使わないと言う原則だったはずなのに、秋田の皆さんちょっと
強引じゃないの?
秋田県人はこんな出過ぎたマネは不得意だったはずなのに。

「富士」や「白瀬氷河」が景勝地なら、行ったことないけど「大和雪原」も景勝地・・
ということで砕氷艦「やまと」を期待していたのですが。

2007/11/12

デカールが使えない  飛行機模型

                トライスター 
           長谷川1/200 全日空 です。

ぼちぼちと21機分もある未完成品のうちの一機の胴体を塗装しているわけで、
デカールを使わない(使えない)もののなかでは、
一番シンプルでやり易いと思ったのですが、
案の定、お尻のエンジンフェアリングの丸みにいかに直線を合わせこむで
マスキングを苦労してしまった。

           「なぜか3発機がすきだ」
クリックすると元のサイズで表示します  

後は、デカールの切り貼りで・・・・ と楽なようだが、
主翼もエンジンポットも手がかかりそう。

主翼は途中までスジ彫りに直してあるゾ・・・記憶にない  

一体いつからやってるんだろうか・・・。


2007/11/3

行かなかった航空祭のレポート  

本日11月3日 文化の日は 埼玉県にある 入間基地の航空祭
このところなにかにと出かけては、体調不良に陥るので3週連続はマズイような
気がして、今回はいくのをやめました。

朝がたYS-11とC-125の3機編隊が上を通っていきましたが、午前中は
雲が低かったせいか、例年ならキーンとかブーンとか爆音も聞こえず・・・

         入間展開のオトモダチからは画像送信有り
   クリックすると元のサイズで表示します
総隊飛行隊50周年記念塗装(尾翼、増槽)のT-4練習機
これが今回の目玉なんだそうで早晩長谷川からデカール替えが・・・発売の予感

また、同様に別のオトモダチからもこんなレポートが届いていましたので、
以下に無断掲載(笑)

===================================================================

(+_+)今年も人ひとヒト、南側展示スペースが拡張され広さを感じましたが隙間
無く家族連れなどの人人B/I人気それとも西武のチラシの力なんですかね。

F-2はご存知の通り飛行停止のため飛来してませんでしたが
代役なのか久々にアメちゃん岩国のランサーF18Cが2機来てくれました。

両機の前は当然の人ごみで当方は脇のU125and U125Aが見たいのに
身近(近隣住民)でありながら遠くになりにけりで、なかなか近づいては
見られませんでした。

展示飛行はT-4X4+1で全員がファイターパイロット上がりとの事でタイトな
編隊で始まり、B/Iなみとは行きませんが頑張ってくれました。
+1はSPがソロ担当で見せてくれました、後はお待ちかねC-1X6
相変わらず良い意味で素晴らしい機動、今回は3機になっての
低空進入は良かった・・・次期C-2はどんなもんでしょうかこんな
飛行展示が可能な機体なんでしょうか問題が先行で良い印象が無いな・・

B/Iはいつもながらの展示、安心しながら見られました展示位置が
多少変更になった科目があり見難い感が残った物も後半、雲に邪魔され
折角のサクラが雲にとけ込みはっきり見えなかった、入間では初めて
の披露のはずが残念・・・・

通常はB/Iが終われば場内の空きが見えるのにF18の影響なのか
今回も帰投機期待で味をしめた面々なのかまだまだ人の山、そんな
期待を察したのかヘリの一部が楽しませくれました、
ちゃんと挨拶してバイバイやってくれました。
コブラ何ぞはまだやるのって位のサービスぶり。

JETはというとF-4はローテイクオフながらあっけなくバイバイ
F-15は翼を左右に振って義理がたくバイバイ

そんななかF18がやってくれました、1機めはF15同様に2機目が
ハイレートクライムで上がりかと思ったら、途中地面と平行にもどし、
左ロールで背面・・・・
なんじゃこれ、後どうするんじゃと思わす機動。
当然左ロールかと思ったら右ロールで元に戻しバイバイ・・・
予期せぬ動きでまったくアメちゃんとはわっかんね〜人種や。

当然最後はB/I,今年も4+3でのスモークを焚いての上がりでしたが
風の影響(観客には良い方に)で、4機が上がっても無風でスモークが
消えず残りの3機は待機、状況を察したのか視界が開け、離陸可能時期に合
わせ4機編隊がスモーク出し滑走路上空150Mほどでパスと同時に3待機中の
3機がテイクオフ・・・・
上下で二重のスモークが見られる、こんなの初めてで、現場のカメラマンは
あせったはず・・・・※以下略(Nananiya72)

============================================================
と 昨年よりはお愛想のあった終演で案外楽しめた航空祭だったようで・・・・。
行けばよかったかな??  とちょっと後悔"o(-_-;*) ウゥム…。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ