2006/11/12

よくぞ今まで・・・・  飛行機模型


フジミ48 三菱F−1 です。  今年全機退役しました。
「世界の傑作機」はいつもより割高な号をT−2とF−1に分けて発売しやがりまして、
しょうがねぇ〜・・・と両方買いましたが、ワタシの悩みには答える写真が
入ってませんでした。

知りたかったのは、座席廻り キットのものは使い物にならない
(ハセガワの新作でも似たり寄ったりのもの・・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

本来このシートの背もたれ部分は落下傘が背もたれになるような、柱状なので
いかにもカッコ悪いわけで、ジャンクボックスからの調達品に改造を加えて
それらしくしたものです。  操縦桿は04のものです。
基本的には、米空軍のF-106の座席と同様の射出シートと同じく、パイロットが
落下傘を背負ったまま乗り込むことを基本にしています。

完全に一世代前のセンチュリーシリーズ準拠のテクノロジー だったようで・・・

同じくこのキットの最も評判の悪い主脚です。 どうやって組み立てるかを
悩むほどの、不親切な部品割・・・・正解の組み合わせ用の目印もミゾもホゾない。
昔浜松の広報館で撮影したものを参考に(このために撮ってあったもの)と
見比べながら、角度を決定していきました。

     クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

〆たトリの足のようだというなかれ・・・ これで良さそうなのですが、
立たせて見なければ成功かどうかわかりません。
脚柱を支える部品もどうも長さがあわないので、用に耐えるように

ちなみにタイヤも×なので、04のタイヤを用意しました。

今日終わらすつもりだったのに・・・・・・。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ