2008/8/24

なんで同じ型なんだ?  飛行機模型

スピットファイアーにはちょっと不思議な型があります。
マニアなかたならば、ちょっとした違いで判別がつくのでしょうが、こちとらシロート
さんには、全くわかりません。 

       その名はSpitfire Mk. XVIです。

クリックすると元のサイズで表示します
Revも16まで進むと、テアドロップの風防でファストバックではなくなる
という進化を遂げている訳で(]]Wみたい)なるほどね〜と思っておりました。

しかし、この\型のように見えるのもやはり ]Y 型なんだとか・・・
クリックすると元のサイズで表示します

模型でも両方発売されており購入時に「アレ?」と思っていました。

           クリックすると元のサイズで表示します
   イタレリのキットです。これは背中がありません。

           クリックすると元のサイズで表示します
   エアフィックスのキットです、\から作ったキットなのでしょうか。
   主翼のパーツが2組入っています。
   1機分の割には箱がデカイがそれほどのお買い得感はなし(爆)。

どうやら、何型のドンガラだろうと米国製パッカードマーリンを積んだ機体を
すべて『Mk. XVI』と区別したらしい。
 
なんでも、ミリの米国とインチの英国ではびみょ〜に寸法がちがうわけで、
搭載にあたっては手こずったそうな。。。

どちらも、『Mk. XVI』でしあげると、どっかから指摘がありそうですね。
答えるのがメンドクサイと思うか、「実はですね」とやらかすか、さぁどっち?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ