2007/10/27

航空ファン  飛行機模型

久しぶりに「航空ファン」誌を買った。
久々の国産機 XP-1 だし、 F-2のスクランブルだし、ビゲンのラストフライトだし
・・・これは買わねば・・・・で購入。

              表1上半分です。
クリックすると元のサイズで表示します

       スムーズな進空でまずはめでたし、めでたし・・・
クリックすると元のサイズで表示します

べー国のP-8は上手く行ってないようですが、それのあおりがこの先待っている??
ソフト面はこの先、色々あるのでしょうが、この機体上手く行って欲しいですね。
・・・・といいながら、すでにリベットでケチが付いていましたね。

それにしても、この胴体断面(逆ひょうたん型)はどういう意図ががあるので
しょうか・・・・

もう一つ今月号で、目を引いたのは、「ドイツ」のP-3Cでありました。
中古機8機を引き取って、最新の改修を行い、体制が整い次第アフガンのテロ対策
に出て行くのだそうです。

なけなしのP−3Cを投入するドイツ、余剰がありながら、なんにもしない日本。
洋上給油活動以外でも、P-3C部隊のインド洋派遣なんてことは出来ることでは
あるまいか。

洋上監視機が増えれば、船舶の監視には有効で艦船部隊も活動効率がよいことに
なるのだが・・・





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ