2007/10/17

出張土産  

最近中途入社の彼がそろそろ一人で動き出して、ちょいと東北方面に
出張したようで、お土産で仙台銘菓「萩の月」を振舞われました。
この御菓子はお土産としてもせいぜいが「レディースオンリー」のアイテム
それを、大きな箱で40個ほど配っていました(んん〜ん太っ腹♂♂)

豪華な出張帰りのお土産は「すんごくイー思いをしてきました」と暗に言っている
ようなものと解釈していますが、はてさてどうだったのでしょうか。

たぶん、まだココの空気に慣れていないせいなんでしょう・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ともかく「S」さん ごちそーさま(^o^) おいしかったですヨー。
・・・・画像は空箱(笑)です・・・・

ネットの百科事典では次のように解説されていました。
=================================================================
松任谷由実のラジオ番組内で本人が萩の月を絶賛し
「萩の月を凍らせて食べるのが一番好き」と語ったことがきっかけで
ブレイクした逸話がある。
=================================================================
そうか。。。持ち帰って凍らせてからいただけばよかったか・・・

昨今このような定番お土産の製造年月日偽装が頻発しておりますので
「萩の月」はそうならないでほしいです。

それにしても「A福」の冷凍技術解凍技術ってスゲー。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ