2012/11/1

北陸の475系(その2)  鉄道関連

すいません、間が空いてしまいました…。では後半戦参りましょう〜。
後半戦はクモハも顔の表情がわかるよう、写真を追加します(その1も増やすつもり…)

A25編成
クリックすると元のサイズで表示します
↑クハ455-41
お椀型タイフォン、円錐型検電アンテナを装備。クーラーはすべて側面メッシュタイプです。

クリックすると元のサイズで表示します
↑モハ474-52
臭気抜き窓は両側面とも存置。水タンクはありません。またベンチレーターは撤去されてますが、2列タイプなので製品とはクーラーの位置が異なっています。クーラー脇のランボードはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑クモハ475-52
シャッター付タイフォン、四角錐型検電アンテナを装備。臭気抜き窓は両側面とも存置され、クーラーはすべて側面メッシュタイプです。そしてなぜかこやつにもトイレタンクがついている不思議…。床下の水タンクは撤去されてるんだけど…。トイレ使用していたのだろか…?

次、A26編成
今までと逆順です、注意(汗)
クリックすると元のサイズで表示します
↑クモハ475-53
シャッター付タイフォン、四角錐型検電アンテナを装備。クーラーは側面メッシュタイプですが妻板側から2個目だけ3連スリットタイプ(製品と同形態)です。撮影した当時はベンチレーターも残ってましたが、たぶん今は撤去済なんでしょうねぇ…。床下水タンクはなしかな?すいません、手持ちの写真からは判別できず…(滝汗)。臭気抜き窓もたぶん両側面とも存置してます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑モハ474-53
臭気抜き窓は存置(両側面とも?)。屋根はベンチレーター2列配置タイプですが、この段階ですべて撤去済。クーラー脇のランボードもありません。水タンクもなさげ…。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑クハ455-41
お椀型タイフォン、円錐型検電アンテナを装備。クーラーはすべて側面メッシュタイプです。この車両もこのときはベンチレーターがすべて存置されていた模様。

…ということでだらだらと書いてみました。車歴が長いこともあり、一両ごとに形態差があって興味深いです^^ 大がかりな加工や再塗装を施さなくても、パーツの組み換えで特徴が出せるのでちょっとこだわってみるのもいいと思います。
北陸新幹線開業も間近に迫っており、475系の活躍もラストスパートといった状況ですので、これを機会に実車探訪するのも面白いかもしれません。

あぁ…しばらく乗ってないなぁ〜。北陸行きたい…。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ