2009/5/30

サンプル届きました( ̄ー ̄)  その他乗り物&建物関連

こんばんは。
今日は会社のバレーボール大会に朝から参加して、そのあと愛知県の自宅に戻ってくる(しかも在来線)というハードな1日でして…。少々グッタリ目ですが、前々からウダウダやっていたペーパー駅舎に進展がありましたので、ご報告いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
↑とうとう素材となってあがってきましたよ(ニヤリ

前々から業者を探してさまよっていたのですが、3社目にして製作数&見積額に折り合いのついたので、さっそくサンプルのカットをしていただきました。結果は上々。少々嵌め合いのきついところがあったものの、微調整程度で済みそうです。ただ組み立てが思った以上に難しく…。このままでGOしようかちょっと悩んでおります。パーツどうしの組み合わせはいいのですが、紙を2枚張り合わせる作業はちょっと(だいぶ)位置合わせがシビアなので、その辺も修正しようかどうしようか〜といった感じ。ただメーカーのキットも結構位置合わせにシビアな場合があるので、何とも言えないんですけどねェ…。

クリックすると元のサイズで表示します
↑模型と並べるとこんな感じ

チトデカかったような気もする…。とりあえず製作したのはこの出入り口の階段部分のみ。関西に戻ってからその他の部分も組み立ててみたいと思います。
それと一緒に写っている火の見やぐらも基本的にはこれで完成。ただ真ん中の1コは塗り直すかもしれません…。


一応全体の組み立てイメージ↓
クリックすると元のサイズで表示します
↑結局階段部の窓は無難な縦長の窓になりましたw
1

2009/5/24

新車見分?  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑おぉ…こいつはN700-7000じゃないか

今日はフラフラと街へお買い物におでかけ。ついでに駅に上がって電車も見てきましたよ。というのも、駅の外から↑が停車しているのが見えたので「行くしかねェ〜!」と即入場券買っていたわけでして…。東海道区間で真っ白な16両編成ばかり見ていたので、8両の青みがかったN700は変な感じに見えますねェ。ちなみにこの青みがかったボディ色、個人的な感想としてはユーロライナーや京浜急行バス(高速リムジン車)のボディ色に近いかな〜といった感じ。ただ天候によって白く見えたり、青く見えたりするので模型で作ったり、メーカー製品で出た時は議論を呼びそうです…。

クリックすると元のサイズで表示します
↑姫新線は初乗車〜

そのまま帰るのもつまらないので、姫新線の新型気動車に乗ってみるべと、姫路から本竜野(ほんたつの)駅まで往復してみることにしました。まだまだ新車の香りが残る車内と力強いエンジン音には惹かれるものがありますねェ。製品で出ないかな?

クリックすると元のサイズで表示します
↑うほッ、木造ですな〜 キハ122/127との対比がこれまたオツな…

で、本竜野駅に到着後そのまま折り返して戻ったのですが、この駅で木造の跨線橋を発見。ホームもかさ上げされ、駅舎も改築で取り壊されてしまっていたようですが、跨線橋だけは昔のままのようでした。駅舎が現存している時に訪れるべきでしたねェ(反省)

クリックすると元のサイズで表示します
↑山陽電車も微妙に取材

戻ってきたら山陽電車の取材を少しばかり…。クーラーやパンタグラフの搭載位置が分からなかったので、調べておきました。これで模型工作も進展するはず?です…。

さらにさらに、買い物途中、三菱MPの呉羽ボディエアロスターも発見。バスコレで作れないかな〜と観察していたら、どうも標準尺のようで…。なんてこったい。

ということで、お買い物のついでだったはずなのですが、いろいろと見てまわれて楽しい休日となりましたとさ。肝心のお買い物も関東&東海地方では品切れだった模型パーツが買えたり、ずっと探してた黒染め液がGETできたり〜と成果上々(ニヤリ 模型の工作もバリバリ進めないといけませんねェ〜。
0

2009/5/14

なんとか先頭車は…  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑地味に大変だったんですが〜

こちらに来てからチマチマ進めている山陽電車ですが、なんとか先頭車(1両だけ)と中間車(妻板の関係でこっちも1両だけ)をハコにする事が出来ました。まだ雨樋の修正等々細かい工作は残っているものの、箱になっただけでも一安心です。

阪神通勤車のキットがベースなんですが、運転台周りの窓(113系みたいに乗務員扉がオフセットしてる関係で運転席側の側板前部が大分違う)に関わる加工や、側面方向幕の撤去(位置と形状が違います)、雨樋の修正(阪神車よりだいぶ下についてます)などの加工が必要になるかと。厳密には窓の大きさも違うみたいなんですが、それを言ったらフルスクラッチの方が早いので、無視の方向で許してください(笑)

でもこの車両、GMのキットからきちんと作り上げた人が果たしてどれくらいいるんでしょうかねェ…。東急のステンレスカエル(形式忘れた…5000系だっけ??)も「こりゃ側板スクラッチしないと作れないじゃん」と突っ込みいれましたが〜。昔のGMキットはかなり挑発的でしたね。まぁ逆にそれがよかったのですけど…。

さて、あとの2両は足りない妻板を確保してからの再スタートになります(キットに付属している分では足りなかったので…)。さらに床下周りの機器やクーラー、屋根上配管等々まだまだやらなきゃいけない部分は残ってますよ〜。
0

2009/5/10

山陽電車取材〜  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑アルミボディの渋キメ車両たち〜

こちらに異動して初の休日。もちろん趣味全開ですよぉ。
ということで、まずは山陽電車の取材をば。以前山陽電車を作ろうとGMの阪神車両キットを買っていたのですねぇ(このキットには山陽電車のお顔のオマケパーツが入ってます)。せっかく来たんだからご当地車両の製作をしようと思ったわけでして…。さらに在庫不良キットの処理も兼ねる事が出来て一石二鳥の嬉しい限り(仕掛品は増えますが〜)。
ちなみにバスコレ加工品の神姫バスも不良在庫あります(しかも2台も(泣))。こちらにいる間にどれだけカタチになるかな〜?

…と、少々話がそれましたが、今回は3000系(↑写真奥の電車)の屋根上や連結面のディテール確認等々の情報を収集してました。製造年次が長いからなのか?形態のバリエーションが多く、集めた資料を基にちゃんと考察してから製作を開始しないと泥沼にはまってしまいそう。とりあえず、形態的にはまだ楽そう(か?)な鋼体車4連で、新製冷房車である3050系を作る予定ですが〜。

さぁ、ちゃんとカタチになるかな?

0

2009/5/9

ネット開通〜  日々生活

引越して3日目。宅急便で送ったものも無事着荷し、ネットの接続も完了してやれやれな感じ。やっと落ち着きつつあります。

レオ○レスは相変わらず〜というかなんというか、会社が用意してくれたのですが、自分の入居した部屋はやけに室内灯が暗く、別途電気スタンドみたいなのがないと模型工作できません(仕方ないので近くの電気屋に買いに行きましたorz) あと家具家電がつくのは嬉しいけど、どうせなら物干し竿も標準装備にしてください(切実なお願い)

ちなみに一緒に異動になった先輩とは違い、勤務先から少し距離がある(徒歩20分くらい?)のですが、部屋からは(身を乗り出せば)JR西日本の新型気動車が見れる環境で、ちょっと嬉しかったり。愛知県のときも思ったのですが、会社は自分が鉄道マニアであることを察して部屋を用意してくれているとしか思えません(笑) 「鉄道路線の近く〜」なんて、そんな希望を出した記憶はないけどなぁ〜(笑)
0

2009/5/6

まじめに車が欲しい…  日々生活

…と思いました。

実は期間限定ながら関西に転勤することになりまして、今の住まいから最低限必要な家財道具(レオ○レスなので家電製品はいらないんです)と模型(自分の場合ないと死にます(笑))を宅配便で送ることに。今の住まいはそのまま残すということだったのでまだよかったのですが、1週間前に行けといわれても、準備できません(泣)

…で、宅急便の準備していざ発送しようと思ったのですが、すでにヤ○ト運輸の集配サービス時間は終了してました(大泣) しかたないので荷物を持ってコンビニまで徒歩で…。雨降ってるし…orz 夜も遅くに重い荷物を抱えてコンビニまで2往復(!!)しましたとさ。帰り道、まじめに自家用車が欲しいと思ってしまいました。まぁ、いずれ買うつもりはありますけど〜。1年に1回あるかないかの話で、車が欲しくなるというのもなんだか情けないお話ですな…。
0

2009/5/3

デゴイチ続き  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑テンダーは一応完成

先日パーツをペタペタ貼っていたマイクロのデゴイチですが、その後0.2mm径の真ちゅう線を購入したので工作再開。一応テンダーについては完成しましたよ。

SLって車体は黒いしパッと見ごちゃごちゃしてそう(あくまで「してそう」)なので、パーツを貼り付けて終わりジャン、と思われる方もいるかもしれませんが、個人的には全体的なバランスやプロポーションが問われる題材だと思うんですよね。
なので手すりの長さやそれを浮き上がらせる量がばらついてないか?、また尾灯などは左右に均等な位置についているか?など、そういった部分に注意を払うようにしました。せっかく細かいパーツを貼っても傾いてたら幻滅ですもんね。

さて、テンダーは完成しましたが、機関車本体のほうはこれから。車高を下げる加工がメインになるかと思いますが、うまくいくかな〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ