2008/12/31

ゆく年くる年  日々生活

今日で2008年もおしまい。私生活はこの前書いたとおり激動といってもいいくらい変化に富んでました。
鉄道関係もいろいろありましたね。なは、あかつき、銀河、EF58-61とお召列車編成、0系、名鉄1600系、7000系パノラマカーの引退等々思いつくだけでも名車、名列車と呼ばれたものがバッサリと消えたことに気付きます。逆に2008年生まれの列車、車両というと…。ハイブリッド気動車(キハE130)、キハE120、E3系2000番台、キハ127系、N700系7000番台、キヤ97(正確には07年12月新製ですけど)、キハ122、キハ127、名鉄4000系等々かな?いまいちパッとしないような…(単に興味持って見ていないだけかも)。

バスも三菱のエアロエース、新型エアロクイーンが一気に増え、路線型についても会社間のOEM供給が進んだり、ツーステップの旧型が一気に淘汰された(少なくとも北鉄は)感があります。

鉄道&バスも来年は平穏に〜とはいかないでしょうね。すでに3月には富士・はやぶさの灯が消えることが確定ですし、ムーンライトながら、ムーンライトえちごといった夜行快速の季節臨化、400系の引退、北陸鉄道の石川線部分廃止、さらに先にはなりますがJR東海からの国鉄型電車撤退といった暗い話が続きそうです…。

来年はどんな列車&バスが話題になるのでしょう?自分の生活もままにならなくなるんじゃないか〜という不安も抱えつつ期待しましょう。

あと、自分の模型の製作状況を見てみるとさんさんたる…という表現がぴったりな状況です。確かに今年は(特に前半は)忙しいを通り超えて半分病んでいましたが、さすがに少なすぎるだろう自分と…。ちなみに完成したと言えそうなブツは…

鉄道車両
・のと鉄道NT100タイプ(1両)
・近江鉄道鉄コレ改造品各種(3両)

バス
・JR東海新型セレガ(1台)

くらいかな…(振り返るんじゃなかったorz)
ということでもう少し頑張って模型作ります(汗) それとブログの更新もっとがんばります(滝汗)


ありきたりなあいさつではありますが、仕事、趣味、私生活全部を通して、今年はいろいろな方に本当にお世話になりました。まだまだ至らないところばかりですが今後ともよろしくお願いします。それではみなさんよい年をお迎えくださいm(_ _)m
0

2008/12/30

餅つき  日々生活

今日は親せきの家で餅つきを。毎年恒例の行事なんですが、去年は仕事で行けず、ねじとしては2年ぶりの餅つきとなりました。

餅つきといえば「なにィ?!やっちまったな〜」のセリフですよね〜(違

ねじはもちつきはせず(親の仕事らしい)、もち米を蒸す釜の火の番をしたり雑用したりのパシリ役でしたが、まぁいいでしょう。疲れないしw

で、火の番をしていると親がアルミホイルをまいたサツマイモを投下。焼きイモにして食べるんだーとか言っていたものの、火力MAXの状態のときに投下したせいで焼きイモのどころかアルミホイルと一緒にただの燃料と化してしまいました。取り出した時にはすでに炭を超えて半灰になってましたよorz

まぁ想像通りでしたけど…。
0

2008/12/26

さよなら、パノラマカー  鉄道関連

今日でねじも仕事納め。今年はありえない残業で泣きそうになったり、初めてづくしの派遣、世界的な不況による残業規制とめまぐるしく変化する1年でした。来年はもう少し落ち着いた平和な生活にしたいですねェ。

で、本日は私の仕事納め以外にもイベント(?)があります。そう、名鉄のパノラマカー最終日です。ということで、朝から追っかけまわすことにしました。えっ?仕事?ちゃんと行きましたとも(大泣)

まずは一発目朝の771レ(美合発新鵜沼行)から

クリックすると元のサイズで表示します
↑7043F+5705F

これを撮った後、そのまま待って690レ(岩倉行東岡崎行、7041F)を撮影。いったん仕事に行きます。

仕事が終わったらそのまま1dayフリー切符でラストまで追っかけ。

まずは1596レ(犬山発豊明行、7011F)を堀田で迎えます。そのまま同駅で待ち1695レ(豊明発犬山行、7041F)を撮影、堀田から鳴海まで行ってさらに1596レの折り返し運用である1891レ(豊明発犬山行、7011F)に上小田井まで乗車しました。

上小田井で下車後、今度は1894レ(犬山発東岡崎行、7041F)に乗って東岡崎へ。とにかく乗れるだけ乗っておこうという魂胆だったものの、どの列車も帰宅ラッシュ&お名残り乗車ラッシュで大変なことになってました。

本当は東岡崎で折り返す7041Fに乗ってそのまま終点の岩倉まで乗るつもりだったのですが、すでに東岡崎のホームは超満員。早々に諦めて知立に移動し、2090レ(犬山発東岡崎行、上り最終列車)を撮ることに。

クリックすると元のサイズで表示します
↑7011F、最終列車はヘッドマークついてました

さらに先ほどの返し運用である2197レ(東岡崎発岩倉行、下り最終列車)を知立で見送り、特急で神宮前へ先回りします。…が、すでに神宮前はカオス状態。やっぱりそうそうに諦めて終点の岩倉で待つことにしました。

で、岩倉で待っていると定刻よりも10分以上遅れて7000系最終列車が到着。前から待っていた人と最終列車に乗ってきた人、あとから見に来た人でやっぱりホームがカオス状態になったものの、なんとかカメラに収めることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑こんな写真しか撮れませんでしたが〜

この最終列車の回送を見送って追っかけ終了…。想像通りというかなんというか…最終日の追っかけはしんどいですね〜。また以外にも?同業者ではなさそうな(失礼)、若いおねーさんや普段電車に興味なさそうな人たちが熱心にパノラマカーの写真を撮っているのを見かけました。それだけパノラマカー=名古屋鉄道のシンボル=利用者の愛着が高いということなんでしょうかねェ。同日には全車特別車のパノラマスーパーや、モノレールの廃止、中部国際空港行全社特別車の快速特急廃止(ミュースカイに種別変更)、1700系運行スタートなど名古屋鉄道の歴史が変わった日でもありました。

今後、パノラマカーのように長年人々に愛される鉄道車両が登場することを祈りましょう。…

長い間、お疲れ様でした。さようなら、パノラマカー。
0

2008/12/24

お試し〜  バス関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑新作は富士急〜…じゃなくて、窓ガラスの着色試験です

今日は久々に三重交ガーラと名鉄セレガを進めました。やったことは側面窓ガラスの加工。実は2台とも「最前部窓Jピラーなし+最後部窓開閉可能」のタイプでバスコレの窓からそのまま流用可能なものはありません。
…ということで伊那バスの塗装不良品(なぜかフロントが真っ黒で成形不良も起こしていたシロモノ…)から側面ガラスを強奪。Jピラーのモールドを削り落し、最後部窓のブラックアウト部(実車はトイレがあり本来固定窓)の塗装を落として使うことにしました。

で、そのまま黒を塗装して終わるのももったいない〜ということで、クリアブルー成型のこのガラスを緑色にできないか実験してみました。それが上の富士急セレガ(窓パーツはキズ有のジャンク品)。

そもそもの発想は青と黄色を混ぜると緑になる〜というところから。実車はUVカットガラス(スモークグリーンのような色)を採用している車が多く、何故製品がクリアブルー成形になったのか分からないのですが、クリアイエロー塗ったらUVカットガラス風になるんじゃないの??と試してみた次第。とりあえずクリアイエローをそのまま裏から筆塗りで塗ってみたのですが…。

クリックすると元のサイズで表示します
↑成型色そのままと比べればまだマシだけど〜

これだと実車イメージとちょっと異なりますねェ。本番作業をする前にちゃんと調色したクリアグリーンを作ったほうがよさそうです。少なくとも成型色のクリアブルーは調色の補完的なものと考えた方がいいみたい…。
横着せずにクリアブルーとクリアイエローを使って調色したもので再度実験してみたいと思います。
0

2008/12/21

ごめんなさい  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑やっと買いました。(左マイクロ、右KATO)

どうも、こんばんはございます。ここ1週間ニンテンドウDSiなる白い箱にうつつをぬかしてまして…だってレントン教授面白いんだもん…。模型は完全放置でございました。更新を期待されていた方(いるのか??)、ゴメンナサイm(_ _)m

…ということで、KATOの383系を買ってまいりました。さっそくレビュー〜といきたいところですが、先に不良品情報。自分が最初に見せてもらった製品はパノラマクロのライトケースのパーツ欠損、さらにそのあと見せてもらった製品はクモハのスカートがついてませんでした。出鼻をくじくようですが、もしかすると同じ不良品がある可能性もありますので、ご注意ください…。

マイクロとKATOの全体的な比較はいろいろなサイトでも紹介されてますし、自分もほぼ同じ印象&意見ですので、あまり多くを語らなくてもいいかと思います。あえてKATOの萎えポイントをあげるとすると〜

・愛称幕&側面幕のコントラスト強すぎ
・窓周りの茶色はやっぱり濃い(正確には実車が日焼けして薄くなってしまっているのでそう感じるだけなんですが…)
・側面表示幕に凹凸モールドがなく、平面に印刷されている

くらいでしょうか。3つ目は完全に個人的な趣味ですが、こうゆう細かいところ、気になるんですよねェ。どっちもよく出来てるにはよく出来ているのですが、残念ながらどっちも満点はあげれませんねェ…。バッティングしたことで両社とも相手を意識しすぎてるんじゃないのかい??(両社とも焦りすぎ)なんて邪推したくなっちゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑先頭車をばらすと〜

KATOの特徴のひとつでもあるパノラマクロのライト部(実車のように横から見ると反射材らしきものが見えますよ〜というアレ)ですが、ヘッド、テール部は色が付いているわけではなく、裏側にピンを出すことでその反射を利用してそれっぽく見せています。この辺は787リレーつばめや、883黄色ソニックでやっていたことを応用しているだけですし、たぶんそうするだろうな〜とは思っていましたが…。どちらかというと実車のように黒フィルムを塗装で窓パーツに施してほしかったかな〜とは思いますねェ。裏から塗るとパーツの厚みが目立ちますし、表から塗ると艶の違いがはっきり出たり〜と難しいのは承知の上ですが…。

ちなみに不良品が出た〜というのは写真右側の黒いパーツがなかった個体がありました〜ということです。ご注意を。

クリックすると元のサイズで表示します
↑貫通型はこんな感じ(左KATO、右マイクロ改修中)

貫通型先頭車はマイクロに比べるとそつなく出来ているかも〜と思いますが、腰部のヘッドライトは奥目でちょっと暗いです…。スカートの開口部面積は妥協できる範囲内かな。実車は結構開口部狭いんですよね。ねじが改修している右側のマイクロ製品でもまだ大きいくらいですし…。

とりあえずKATO製品は手を加えなくてもよさそうで一安心。マイクロはまだ修正が完全ではないので引き続きロングスパンで修正していきたいと思います(汗)

ちなみに今のねじふぁくとりー鉄道車両部門はこんな感じ↓
クリックすると元のサイズで表示します

年内に完成する車両はたぶん1両もないでしょう…(滝汗)
0

2008/12/9

名鉄6000系  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑床板周りを中心にチマチマと…

ここのところ世間では、派遣切り〜とか騒がれておりますが、ねじの働いている会社も残業規制がかかって終日定時帰り。忙しいときは早く帰りたいものなんですが、毎日定時上がりもしんどいですねェ。収入激減するし、何とかならんものか…。いつもは「忙しい〜」と愚痴っているのですが、最近は逆に「時間が余る〜」と愚痴っております。

愚痴りっぱなしもしょうがないので、溜まりに溜まったキットを微妙に消化。今回は、名鉄の6000系3次車キットです。

とりあえず、↑写真の状態までに、室内パーツ(シートとか)の新製、TNカプラー取り付け工作、パンタグラフのTOMIX化、ライトレンズの取り付けが、一応完了。乗務員室そ仕切り板や運転台もちょっとつくろうかな〜なんて思っております。また前面貫通扉前の手すり別パーツ化等も進める予定。

そういえば室内パーツを作っててふと思ったのですが、この室内パーツ、京阪の10000系用(3ドアロングシートタイプ)ではだめだったんでしょうかねェ?キットに同封されているものは、たぶん京阪の9000系用(3ドアクロスシートタイプ)…。確かに当初はクロスシートだったらしいですが、ロングシート用のパーツを入れてくれた方が個人的には助かるな〜なんて。現行でもロングシートですし…。
0

2008/12/8

調べるんじゃなかった…  バス関連

この前、わからない〜と騒いでいた北陸鉄道の新型スペースランナーですが、写真を整理していたらほぼ真横からいただいた写真を発見。ということでWBを調べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑フロントオーバーハングを1とした場合の各比率…

灰色の文字が写真から採寸した比率で、ピンク色がPAN(WB=5800)の設計値(カッコ数値が比率にしたもの)です。写真はちょっと見ずらいやもしれませんので参考に書きますと〜

写真:前から 1 : 2.7 : 1.46
PAN:前から 1 : 2.64 : 1.43
MAN:前から 1 : 2.4 : 1.43

となります。

…ということで、ずっとMAN(WB=5300)だと思っていた北鉄の新型スペースランナーは、PAN(WB=5800)の可能性が高くなってまいりましたorz 追加加工実施ですねェ(泣) やっぱり自分で調査して裏付けをとるのは大事です。とどめに年鑑バスラマでも買ってこよう(年鑑バスラマには会社別に導入車の形式&台数が出ているので…)

さ〜て、どうやって延長しようか考えなきゃいけません…。難工事になりそうだな〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ