2008/7/29

のと鉄道?  鉄道関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑いつも唐突なんですケド。のと鉄道NT100型

しばらく白い状態で放置していたのですが、バス工作も一応一段落したので工作してみました。

ベースはTOMIXのキハ130。工作内容は〜
・貫通扉上のライトを撤去して、のと鉄道風に変更。
・屋根にバスコレ5E用のクーラーを積載
・前面にステップを追加

くらい。ほんとは窓サッシも黒くしないといけません(まだ作業してない…)。実車は車体長からしてキハ130と違うので、切り継ぎしない限り「タイプ」から抜け出せないのですが、本腰入れて作ると完成しそうにないのでこれでヨシとしました。だからタイプと言い張ってみても、かなり違うのですが、雰囲気は出てますよね?
とりあえず七尾色の415系やキハ58系能登路色、485系スーパー雷鳥あたりと並べると和倉温泉駅っぽくなってニヤニヤ出来そうです( ̄ー ̄)

ちなみに現行のNT200も作ろうかと計画中。材料までは買っているものの、作業に着手するのはいつになるやら…。
4

2008/7/25

検証  バス関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑おそばせながら比較してみました

仕事が激務モードに突入したせいか、イマイチ工作が出来ていないねじです。
先週のダベリ会で超人Yさんとディスカッションしたエアロスターですが、いっそのこと〜と図面をスキャンして重ねてみました。一発で違いが分かるのですが、発見した時の凹み具合も半端ない禁断のワザ(?)です。

とりあえず気付いた点としては…

1.側ドア高さ(前、中共に)が違う→図面よりも高さが大きい
2.屋根高さを揃えようとするとドア高さの影響で屋根が薄くなり、合わせて側窓の転地寸法が大きくなる
3.フロントオーバーハングが違う
4.リア裾の切り上げ量が違う

といったところ。ドア高さは地面〜ドア下までの高さが前と中で違うため、ツライチではおかしい(前扉の方が地面〜ドア下間寸法が大きい)のです。これを伝えたかったのですがうまく伝える事が出来なかったようで…混乱を招いてしまいスイマセンでしたm(_ _)m
ちなみにこの比較は、原型製作者の揚げ足取りの意図は全くありませんのであしからず。ねじの工作精度の問題や、図面が必ずしも正ではない(図面と実際に見た場合では異なって見えるものです)と言ったところがあるため、所詮参考程度でしかありません…。

しかしこうして比べると、図面があってもその通りに製作したり、加工するのは難しい〜ということを実感させられますね。模型メーカーはもちろんプロですから、エラーが許されない立場なのは分かりますが、ユーザー側もある程度容認してあげれるくらいの度量で対応したいですよねェ…という独り言。いや、実際に設計して工作するとよく分かりますから…実際に。


あとこれは忘れてはいけません↓
参考文献:年間バスラマ2006→2007、発行所:株式会社ぽると出版、2006年12月22日発行、p51

これを書いておかないと無断転用になってしまう(滝汗)
0

2008/7/18

塗装スタート  バス関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑突貫工事のつもりはありませんが…

今日は気分も乗っていたのでエアロスターの塗装をしてみました。自分としてはいつもより大分早いペースですねぇ。

塗装はいつもの通り。クリーム→赤の順で塗装していきます。さすがに4台目ともなってくるとある程度安定してきますね。初回の初代CNGバスに比べれば大分まともにはなってきましたが、不満もないわけではなく…。この塗装、観光型にも採用されたようで、いよいよ覚悟(?)しなければならなくなりそうです。
ちなみにこの後に塗装する金帯は未だに苦手科目。細いラインをきれいに入れるのはなかなか至難の業なのに、屋根でつながっているので更に難易度が高いのです。前回のブルーリボンもうまくいってないしなぁ…。

それと以前車体まで塗ってあったCNGバスもついでにタンクカバー&クーラーを塗装しておきました。こちらも金帯と黒の塗装のみ。どちらも難関な作業が残っております…。
0

2008/7/15

いい感じ  バス関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑グレーを吹くとモールドが良く分かります

今日もエアロスターの工作を。一応継ぎ目消し完了〜となったのでグレーを吹いてチェックしてみました。ちなみにグレーは傷を発見しやすいものの、あんまりしっかり吹くとあとで大変なので(上に乗せる色によっては厚塗りになってしまう)、かるーく吹くことがポイントです。

チェックしてみると、組立時にガシガシ削ったせいか、ところどころにクレーター(「す」ですね)を発見。それらを瞬着で消したところまできたのが↑の写真です。コレでほぼOKなのですが、もうちょっと手を入れて全体的なプロポーションを整えていきたいと思います(若干ゆがんでいたのでその辺を修正する予定)。それといったん削り落とした雨樋とホイールアーチをランナー引き伸ばし材で復活させれば組立完了かな?

ここまで意外とすんなり進めたかも。まぁ塗装があの北鉄新塗装(ノンステップと同じ)と思うとやる気も若干萎えてしまうのですが…w

0

2008/7/13

結局行かずじまい  バス関連

今日は名鉄の三河線で1600系のラストラン記念列車?が運転されていたのですが…。結局行かずに実家でごろごろしてました。というのも西尾線〜本線を中心に運転していた1600系がなぜ三河線でラストラン?というツッコミがあったのと、定期営業運転時代にいやというほど乗った&撮ったので…。別に葬式屋さんじゃないですしね(という言い訳)

結局1600系は本日チラ見もせずに模型屋さん巡りをして帰宅。帰ってからはエアロスターの工作を進めました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ハコになりましたよ

なんとか無事にハコになったものの、ねじのヘタレぶりが炸裂したおかげで、いろいろと問題発生。しばらくはこれらの処理に時間を割くことになりそうです。

むー、1/150コピーの図面まで用意したのにホイールアーチの位置が左右で違うとはコレ如何に…(大問題)
0

2008/7/12

反省会  模型談義

今日は休みだったのですが、お仕事(前の名鉄追っかけ日の振替orz)なので模型いじりも出来ず。仕事終わったら直行で地元に帰り、JNMAのお疲れ様&反省会に顔出してきました。

まぁ反省点としては…

・中京・東海地区のネタを仕込んでいったけどイマイチ反応が鈍い(何をいまさら…)
・地面モノのウケもいまひとつといったところ…
・ブースとして方向性が定まってないのかも?
・商品の見せ方は再考したほうがよさそうかも?

といった感じ。自分一個人(お客さん)としての感想としては、ジャンク屋さん&それ目当てのお客さんが以前に比べると増えたなぁといった印象でした。
もちろんそれがダメと言う気はさらさら無いですが、なんだかな〜とは思いましたね。ま、来年は自分たちのブースがいろいろな意味でよくなっているよう、ぼちぼち活動していくつもりです。

ちなみにJNMAで展示させていただいた超人Yさんのエアロ3兄弟ですが、静岡県浜松市の尾崎模型店にて展示させていただくことになりました。ぜひ足をお運びくださいm(_ _)m

0

2008/7/11

重い腰上げて  バス関連

JNMAでいろいろと刺激を受けたのか?なんだかバスをいじりたくなったので久々にバス工作に着手しました。北鉄CNGバスとかの塗装を進めても良かったのですが、今回は新規ネタ。

クリックすると元のサイズで表示します
↑頂き物で工作開始です

ということで、超人未満Yさんからいただいた三菱ニューエアロスターに着手しました。いただくばかりで放置というのもなんだか申し訳なかった〜というのもありますが、もともと欲しかったネタ&キュービックは北鉄にいないし〜ということでバスコレの話題そっちのけです(w) キュービックは静鉄と神姫とがんばってJR西の3ドアQ尺くらいかなぁ…。

一応今回はt1のプラ板をメインに、ホイールアーチをバスコレ7Eからいただきましたが、実車は上部だけ微妙につぶれているみたい…。そこまで再現しようかどうしようか考え中です…。プラリペア+バスコレ+タミヤプラ板と3種類の素材が混じっているので、接着強度や表面の粗さなど不安な点もちょいちょいあるものの、自分なりにカタチにしてみたいと思います( ̄ー ̄)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ