2018/11/11

ワンマイルのJR四国1000系を組み立てるA  JR四国1000系気動車の製作

まずはゴツすぎるスカートをなんとかします。

クリックすると元のサイズで表示します
↑実車のスカート

写真を見て分かる通り、実車は思った以上に華奢な作りなのですが、模型は湯流れ不良を防ぐ為か、かなり線が太くなっています。
このせいでTNカプラーもすんなりハマってくれないので、スカートのプロポーションを良くしつつ、かつTNカプラーも取り付けられるように少しデフォルトを加えつつ、プラ板から製作します。
まずはメモ代わりとして簡単に図面を描いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

今のトレンドなら3Dプリンターで、、となるのですが、3Dモデルを描くのがどうも億劫で…^^; 新しいことができないオッサンです(汗)

…で、作成した図面を基にt0.5のプラ板に実際にケガいていきます。パッと見る限り、悪くないんではないでしょうか? ちなみに写真のように、スカートを上辺で線対称になるよう、2つ1組でケガいていくと、幅寸法などのズレを起こしにくく、失敗が防げますよ。
また切り出しは内側の穴を開けてから外形を切り出すようにすると、細い部分が折れにくく、キレイに切り出せるかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

切り出したスカートはまだ単純な"板"なので、ここにプラ棒を貼り合わせて強度を確保しつつ、カタチを整えて完成させていきました。ちなみに車体に取り付ける基部はキットのスカートパーツを流用しています。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして懸案の一つだったスカートゴツすぎる問題は解決です。少し手間ではありますが、グンと印象が良くなりましたねー^^

クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ