2010/7/19

朽ち果てていました…  日々生活

どうも、ご無沙汰しております。木ねじです。

すいません。しばらく腐り果てて朽ちかけておりまして、更新もTHE放置しておりました。とりあえず生きております。更新もぼちぼち再開したいところですが…あれ?ネタがない…(滝汗)


こんな状態ではありますが、ゆるゆると続けていくつもりではありますので、今後ともよろしくお願いします…m(_ _)m




朽ちかけてた〜と言いますのも、いつものことなんですが、仕事&私生活についてしょうもないことでウダウダ凹んでまして…。その上連日の終電帰りやら、週末予定が立て込んでいたこともあって(同窓会〜JNMA準備〜JNMA本番〜社員旅行〜とどれも意外と心が休まるイベントではありません…)模型いじりする暇がなかったんですね。それでもネットは彷徨って情報の仕入れはしてたんですが…。


某コミュニティサイト等で見られたある光景…。

「今度KAT○からE233系東海道仕様が出るんだってー。なんだよT○MIXの東海道仕様買っちゃったけどKATOから出るんじゃ価値ねぇじゃん。処分するかな〜」
「気動車のHG製品ばかり出して、その上KAT○製品とラインナップかぶせてきやがって、マジムカつく。HGとか言ってあんなぼったくり価格の車両だれが買うかよ」
「某社は事あるごとにリニューアルしやがって。それまでにその製品を買った人のことなんも考えてねぇとかありえないし。」

まぁ有名なサイトでかわされていたコメント(こんな感じの内容でその通りの文章ではありません)なんで見た人もいるかもしれません。そういった考えを否定する気はないので気分を害してほしくないのですが、こうゆう人たちって何が楽しくてこの趣味やってるんだろうな〜という率直な疑問が…。そして少なからず共感or反発している自分に自己嫌悪しておりました。だめですね、疲れているときにこうゆうのを見ると刺激が強いようで…。
自分、今まで約20年弱この趣味していますし、所有している車両も千両超えてそろそろ管理がおぼつかなくなってきましたが、少なくとも買った車両に対して価値がないとか、値段設定がぼったくりとか、リニューアルが悪だとか微塵も思ったことがありません。どれも大切なコレクションです。

せっかくおこずかいはたいて買ったんだから大切にしましょうよ。贔屓のメーカーから出たことに文句を言うならなぜ待たなかったんですか?贔屓のメーカーなのに信じて待つことすらできないなんて…その程度の愛着しかないんですか?

ラインナップをかぶせられたら選択肢が増えていいじゃないですか。あなたは廉価版のメーカーを、お金に余裕のある人はHGを買えばいいだけの話。あなた以外にもいろいろな考えを持った人がこの趣味の世界にはいるんですよ。

リニューアルするなというなら、今のような鉄道模型の世界はなかったと思いますけどね。どのメーカーもたゆまない改良を続けるからこそ今のような精密で精巧に作られた模型を手にできるのだから、その文句は野暮でしょう?まぁ、ずーっとGMの板キットとTOMIXの初期ED75とKATOのキハ20が第一線の世界でいいなら(個人的には平和でよさそう…)何も言いませんが…。


なんかこう、趣味って日頃の生活を豊かにするものだと思っていたんですが、こうゆう人たちの会話を見てしまうと、その世界に入り浸っている自分まで同じ趣味の人に否定されている気がして寂しくなってしました。じゃあ自分って何のためにこの趣味やってるのかな〜って感じで…。
幸いにも自分は趣味仲間に恵まれているのか、この3連休でいろいろな人と会ってだいぶ気が楽になりました。

「飲みに来い」とわざわざ誘ってくれる仲間(実は結構ストレスなんですけどね(苦笑))
しょーもない素朴な疑問にも真剣に答えてくれる仲間
一緒にくだらない鉄ネタで爆笑してくれる仲間
忙しいにもかかわらず「近くまで来たから一緒に飯でもどう?」と誘ってくれる仲間
製品づくりのときにいろいろと意見を言ってくれる仲間
「言っちゃだめだよ」とか言いながらさらりと裏事情を教えてくれる仲間


他にもいろいろな仲間に支えられてるんだなぁと感じた週末でした。もちろん仕事で凹んだときに「お前だって手に職つけて立派にやってるじゃん」と言ってくれた美容師見習の幼馴染や、非鉄な人たちも「お前から電車とったらなんもないじゃん」と言って(これはほめ言葉じゃないなw)自分の趣味を理解してくれる人にも感謝、感謝です。


なんかとりとめのない文章になってしまいました…(酔ってるかな?) まぁ今後とも自分なりにこの趣味と付き合っていけたらいいなぁと思っていますので、ブログも「また迷走しているなw」と適当に流し見していただければ幸いです。

少なくとも

「趣味がストレスになったら意味ないじゃん」(酔虎電さん談)

を忘れずに今後とも続けていきたいと思います…。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ