2009/1/16  21:21

CLANNAD 第20回 秘められた過去  ブログ
渚、公園で発声練習。
ぶっちゃけ家でやった方が迷惑かからないと思う。ああいう家庭だし。
朋也「やりたい劇のこと、思い出したか?」
渚「タイトルはわからないですけど、わたしが小さい頃に聞かされたお話です」
朋也「どういう話だ?」
渚「世界にたったひとり残された女の子の話です」
朋也「えっ…?」
渚「それはとてもとても悲しい、冬の日の幻想物語なんです」
クリックすると元のサイズで表示します
ここでタイトル表示。
原作でもここでOP流れ出したし、ここからが『CLANNAD』という物語の始まり。
そういう意味でタイトルも表示したんだろう。


では『CLANNAD』の始まりです→

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ