父殺し日記

2009/3/15 | 投稿者: losthouse

ほんとは劇場で観なくちゃいけなかったんだけど、何のかんのとダラダラしている間に終わってしまって観る機会を失っていたものだから。

押井守「スカイ・クロラ」をDVDで観る。

世間での評判がすこぶる悪くて、それならきっと面白いに違いないと思って期待して観てみたら、期待通り、いやいや期待以上の面白さだった。
僕はそれほど熱心な押井守ファン、というわけでは無いけれど、「ビューティフル・ドリーマー」以来、やっと心の底から絶賛できる押井守作品に出会えたな、と思って嬉しかった。

特になんでもない話が、なんでもなく語られて、なんでもない印象を残して終わるんだけど、これは「なんでもないことのどこが悪い」と言っている映画なので、そこが実に素敵だし、青春SFとして非常に完成度が高いと思う。

静謐な演出も物語の世界観に実にマッチしていて、自然音のSEにこだわりまくった音響デザインが、その静謐さをより一層際立たせる。
きちんとしたオーディオで、大音量で観たらやたら気持ち良いんじゃ無いだろうか。劇場で観なかったことが、それにつけても悔やまれる。
大傑作。

ところで、例によってネット上では的外れなレビューが飛び交っているわけだが、中でも一番おかしかったのが、「煙草を賛美している」「主人公が煙草をポイ捨てするのがよくない」「嫌煙家には観ていられない」といった意見が、ひとりの、ってわけじゃなくて結構多数派の意見としてアップロードされていることで、こればっかりはいくら温厚な僕でも、本気で「おまえら全員死ねばいい」と思いましたとさ。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ