愛着日記

2008/11/13 | 投稿者: losthouse

繰返し何度もこのようなことばかりを申し上げて大変恐縮なんだけれども、それにつけてもジョン・ライドンというひとの芸人としてのレベルの高さには舌を巻くばかりで、ロック・ミュージシャンでここまでの水準に達しているひとというのは外に例が無いよなぁ、と、現在イングランドで放映されているというバターのコマーシャル・フィルムを観てつくづく感じ入ったのであった。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ