ズンゲン日記

2007/8/12 | 投稿者: losthouse

テレビ・ドラマ「鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争」を観る。

人類史に残る名作漫画「総員玉砕せよ!」をベースに、その他水木しげるの自伝漫画、エッセイ、インタビュー等からエピソードを散りばめた構成がとても良く出来ていて、大変面白かった。

水木役の香川照之が、本人の仕草や喋り方なんかをだいぶ研究したんだろうなぁ、って感じの熱演で、コマ絵の表情をそのまま再現したような顔の演技もとても面白かったんだけれども、「総員玉砕せよ!」のラスト、血まみれのハエまみれでどろどろになって誰にも省みられること無く死んで行く壮絶なシーンについては、やっぱり原作の絵がもつ衝撃には到底かなわず、生身の人間ではどうやったって再現できない水木しげるの画力の凄みを改めて思い知らされた。

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ