2008/12/31 | 投稿者: losthouse

というわけでもう、

大晦日。

今年も色々とお世話になりました。

とりあえず来年の目玉は、やっぱり「新寶島」の完全復刻でしょうか。
http://shogakukan-cr.jp/shintakarajima/

今まで一度も復刻されず、数十万円で原本を買わなきゃ読めなかったオリジナル版が、誰でも2000円で買えるようになるというのはとても良い事だと思います。

というわけでもう、

そろそろ。

よいお年を。

2008/12/29 | 投稿者: losthouse

ぼーっとしている間に年の瀬。

辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」上下巻を熟読する。

まんだらけの目録に長年連載していた、自伝漫画の単行本。
たまに目録を買ったときにだけ目を通していたけれど、単行本としてまとめて読むとやっぱり読み応えが違う。

少年時代の手塚治虫との出会いから、貸本デビュー、劇画工房の結成と分裂までを、あの絵でじっくり読ませてくれる。
貸本漫画制作の現場と、劇画周辺の動きに関しては、これまであまり「画」で語られることが少なかっただけに、資料的価値は満点。
いままで文字情報でしか知らなかった史実も、やはり目で視える「画」で語られると説得力が違う。

但しそれほどマニアックな興味が無くても、純粋に青春漫画として楽しめるつくりになっていて、そういう意味では藤子不二雄「まんが道」に並ぶ大傑作だと思う。

珠に疵、なのは、一番良いところ、これからってところで終わってしまうのが非常に残念で悔やまれる。
つげ義春との出会いや、実兄・桜井昌一が佐藤プロや東考社を設立するくだりや、貸本漫画が壊滅する時代背景が描かれるであろう続編の執筆を、本当に心から熱望します。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ところで、実にタイムリーなことに、小学館クリエイティブからは来年2月に「影」と「街」の完全復刻版が出るらしい。これもまた楽しみ。

2008/12/18 | 投稿者: losthouse

「ユリイカ 12月臨時増刊号 総特集 初音ミク・ネットに舞い降りた天使」を読む。

お目当ては平沢進のインタビューだったのだけど、ほかにも様々な分野の様々なひとびとが、初音ミクについてやや戸惑いつつも様々な角度から考察を繰り広げる。

面白かったのは、この「ユリイカ」と「SFマガジン 1月号 ウィリアム・ギブスン特集」を僕がほぼ同時に読んでいたということで、なにせ短編「冬のマーケット」が発表されたのは1985年、もう20年以上も前のことで、更に先立ってティプトリーが「接続された女」を書いたのは、35年前の1973年なのである。

20世紀末、SF的悪夢として発明された「仮想アイドル」物語は、2008年を生きる我々にとって(やや軽佻浮薄な外装をまとっているものの)もはや血肉となっていて、SF的な想像力を必要としなくても参照可能なアイテムになっている。

初音ミクを語るひとたちのあいだにも、それは意識的に、または無意識に参照される。

「小説に書かれたことが現実になった」とかそんな馬鹿馬鹿しい事を言いたいわけでは無くって、「仮想アイドル」を求めうごめく人間の暗いこころ、欲望、業、情けなさ、その他諸々が、サイバーパンク的発想がすっかり消費され尽くした感のある現代においても、そしてこれからもなお生き続けることを想像して楽しくなったのだった。
人間そうは変わらん。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2008/12/9 | 投稿者: losthouse

巷ではスコセッシが撮ったローリング・ストーンズの映画をやっているんだぞ、という話は聞くには聞いていたけれど、まぁさして観たいとも思わなかったわけなんだが。

この「ユー・ガット・ザ・シルバー」は凄いね。
実に良い声でうたうキース・リチャーズは、本当は何年も前に死んでいるひとが、自分が死んでいることに気付かないでうたっている幽霊みたいで格好良い。

こんなに格好良い演奏が2時間続くんなら、観てみたい。

2008/12/8 | 投稿者: losthouse

Bossa Nova Expressのベース奏者でもある榎本が、別バンドTriple Echoで来週ライブを演るという。


「Schwarzwald Vol.1」

12月15日(月)

高円寺 Club Mission's
http://www.live-missions.com/index.html

18:30 Open 19:00 Start

Adv ¥1500 Door ¥2000

出演:

Triple Echo
月の海
Marble Sheep
星屋光良
Thinkpinkorganization


みんなで行くと良いと思う。




AutoPage最新お知らせ