2006/2/28 | 投稿者: losthouse

倦み疲れて、テレビで「なんでも鑑定団」を観てたらホキ徳田が出てた。

ヘンリー・ミラーの絵が出て来て、500万とかついてた。

なんかいろんな意味ですげぇな、と思った。

2006/2/26 | 投稿者: losthouse

53 :名無しさん@恐縮です :2006/02/24(金) 23:28:39 ID:Yuyg2vRU0
ディスプリンって完全に象語だな

64 :名無しさん@恐縮です :2006/02/25(土) 00:08:01 ID:kUXTexlD0
ディシプリン以降はクリムゾンとは認めません(><)

65 :名無しさん@恐縮です :2006/02/25(土) 01:15:13 ID:tZC1euOC0
でもディシプリンは評価してもいいと思う


この3つ以外は全部サッカー関係の書き込み。
エレファント・トークとかけたのであろう53が完全に無視されていて寂しそう。

2006/2/24 | 投稿者: losthouse

【サッカー】福岡・松田監督「まったくディスプリン(規律)が感じられなかった」[2/24]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1140735076/l50

J1福岡のサテライトが、J2鳥栖のトップチームと練習試合を行い、0−0で引き分けた。
「風もあったが、まったくディスプリン(規律)が感じられなかった」と、アピールを期待した松田監督も不満顔だった。


20 :名無しさん@恐縮です :2006/02/24(金) 08:04:31 ID:fVUuWa5B0
 ロバートフリップ(着座)もおかんむりです


34 :名無しさん@恐縮です :2006/02/24(金) 08:31:07 ID:FQGuXF5x0
  『ディスプリン』
 キング・クリムゾンのファンの中の人には
 聞き捨てならない発言だ、いやカタカナ表記だ


41 :名無しさん@恐縮です :2006/02/24(金) 08:46:10 ID:wSTpxUyz0
 ロバート・フリップって今は何してんの?


42 :名無しさん@恐縮です :2006/02/24(金) 08:59:16 ID:3PmLRDoh0
 記事の内容と関係なくクリムゾンファンが入れ食いな件


2006/2/23 | 投稿者: losthouse

今朝ぼーっとテレビを観てたら、全日空のCMで「Everyone Says I Love You」が流れていて吃驚して目が覚めた。
マルクス兄弟の「御冗談でショ」って映画のテーマソングで、こんなマイナーな曲がテレビから聴こえてくるとドキドキする。しかも朝に。

ちなみにこの曲の歌詞は3バージョンあって、グルーチョ、チコ、ゼッポのマルクス兄弟がそれぞれ違う歌詞で歌うのだけど、チコ・マルクスが歌ったバージョンはこんな感じでかっこいい。↓


誰もがみんな「アイ・ラブ・ユー」と言う
あんたの血を吸う大きな蚊も
ハエ取り紙に捕まったハエも
「アイ・ラブ・ユー」と言う

雌牛はいつもモーと鳴く
だから雄牛はハッピーだ
おんどりの鳴くコケコッコーも
「アイ・ラブ・ユー」

クリストファー・コロンブスは
スペインの女王にステキな手紙を書いた
「アイ・ラブ・ユー、ベイビー」って
それでグレイトな船を手に入れた
彼は頭のいいヤツだ

コロンブスのしたことをどう思う
1492年にここに来た時
彼はポカホンタスに言った
「アキ・ヴァキ・ヴァキ・ヴー」
つまり「クソ野郎め、アイ・ラブ・ユー」って意味さ

2006/2/21 | 投稿者: losthouse

トーシバEMI提供、パンク性格占いであそぼー。

って馬鹿、死ね、ざけんな、って言いながらもついついやってみたら、あなたはクラッシュですって言われて少し悲しくなりました。
999とかが良かった。

2006/2/20 | 投稿者: losthouse

やらなきゃいけないことは一杯あるのに、なーんもする気にならない。かといって本を読むのもかったりーし、テレビでもみよーかな、って思っていたら、先日DVDを頂いていたのを思い出して、今敏のテレビアニメ「妄想代理人」全13話をまとめて観る。
朝から。
夜まで。

所謂サイコサスペンス、みたいな話ではあるのだけれど、物語の風呂敷を広げて行くうちにあんまりサスペンスが機能しなくなっていって、ただのサイコって感じにシフトしてしまうのが、たぶん真面目に観てるひとは怒るんだろうけど僕にはかえって面白かった。

ただ気に入らないのは、前に「千年女優」って映画を観たときにも思ったのだけれど、今敏ってひとの描くキャラクターは決して作者の「かくあるべし」という役割から逸脱しないのだなぁ、と改めて思ったことで、「妄想代理人」の登場人物もその登場から与えられた役割を終始演じきるのみであり、平たく言えば深みが無い、親近感を持てない、ということになる。
そうした人物が後半、「現実から目を背けるな」とか「死なずに生きるのだ」とか深みの無いことを言うものだから、興醒めしてしまうのだ。
人物像にステロタイプでない底知れなさがあればまた違う怖さがあると思うのだが、折角ここまでぶっ壊れた話をつくるのだから、キャラクターもただひたすらぶっ壊れて欲しかったなぁ、と思う訳である。

でも演出や作画は凝っててとても面白かった。最近のテレビアニメはすげぇんだなぁ、と感心しました。

2006/2/11 | 投稿者: losthouse

さて、またリンクでも貼ってお茶を濁しますか。

日本テレビ版旧ドラえもんOP

感動ですねぇ。こうなると本編が見たくなりますねぇ。何より富田耕生のドラ声が聞いてみたいですねぇ。

これ、もともとは当時旧ドラえもんの演出をしていたひとの個人サイトで、パスワード制で公開されていたものなんですが、あっけなく流出してしまいました。
初めて流れたのは去年の年末くらいで、その時は著作権だのネットのルールだのとだいぶ揉めてたみたいですが、今では当たり前みたいに各サイトに貼られていて、僕もこうして気兼ね無く貼付ける事が出来ます。
インターネットを甘くみちゃいけません。

まだ見てないひとがいればどーぞ。
あ、Mac/Safariだと多分見れないので、そーゆーときはダウンロードしてから見るように。

2006/2/9 | 投稿者: losthouse

伊福部昭が逝く。

音楽理論というものをまるで知らずに、独自に作曲技法を開発したという若き日のエピソードが大好きです。

2006/2/5 | 投稿者: losthouse

年が明けたくらいから、知人友人の類に会う度に訊かれたり言われたりしていた事があって、大体僕の顔を見るとひとは「で、キングコング面白かった?」って訊くのだ。

「観てないよ」と僕が答えると、「えーっ!ウソーっ?」だとかやけに大仰に驚かれる。なんでそんなに驚くのか、と僕が逆に訊ねると、大体彼等の返事は「いや、わかんないけど当然観てると思ってた」とか実に適当なもので、そんな事勝手に思い込まれても困る。
しかしそれが一人ならともかく、何人もの知人から同じような事を言われると段々不安になって来る。あるひとからは、「キングコング面白そうだね」と言われたものだから、「うん、そうだね。面白いかもね」と答えたら、「やっぱ泣いた?泣けるの?」とか言って話が噛み合わない。「観てないから知らないよ」と言ったら、「ウソっ、忘年会んとき観て来たって言ってなかったっけ?」とかそんな感じで驚かれる。言ってないよ。だって観てないもん。
また別のあるひとからは、僕がキングコングを観た感想が書かれた日記をこの備忘録で読んだと主張され、そも観ていないのにそんなものが書けるわけが無いのに、「いや観てないんだってば」と僕がいくら説明しても信用されず、結局嘘つきよばわりされてしまった。

よし、そんなに言うなら観てやるよ、観りゃあいいんだろ観りゃあ。
と、半ギレで僕は歌舞伎町へ。春めいた陽射しが降り注ぐ中を、キングコングを観に出掛けて行った。

さて、僕の知人友人の皆さん、僕はキングコングを観ましたよ。感心したところも有ったけど、キングコングはあんまり面白くありませんでしたよ。
だから今度僕に会った時には、「で、キングコングのなにが面白くないの?」と訊いてください。

2006/2/3 | 投稿者: losthouse

(2/2「モンスター日記」からつづく)

2002年、平沢進のオフィシャル掲示板「GREEN PAGE」は閉鎖された。

それまでは「テレビで平沢の曲が流れていた」とか「あの曲のコードを教えてくれ」とか、無害で他愛も無い話題が繰返されていた掲示板だったが、ある時期を境にして大荒れに荒れたのが閉鎖の原因である。

掲示板とは別に、事務所のスタッフが平沢進の「今日のひとこと」みたいなものを紹介する日記のコンテンツが有って、その日記に掲載された平沢の発言がそもそもの発端である。米軍によるアフガン空爆以降、日記に掲載される内容はアメリカ批判、マスメディア批判に傾いたものになっていたのだが、ある日の日記に「世界の片隅で毎日沢山の人が殺されているのに、日本のニュースは連日サッカーのワールドカップの事ばかりやっていて嘆かわしい」というような趣旨の発言が掲載されたのである。

これに反応したファンの一人が、掲示板に反論を書き込んだ。曰く、「平沢さんはサッカーが嫌いなのですか。僕はサッカーファンなので、サッカーを馬鹿にしないで下さい」みたいな感じで。
誤解されていることに慌てたのだろう、平沢本人が掲示板にレスを書き込んだ。正確な内容は忘れたが、自分はサッカーを馬鹿にしたつもりは無く、いかに偏った報道がされているかを皆に伝えたかっただけなのだと、自分の発言の趣旨を丁寧に説明したものだったと思う。
しかしここが平沢進という人の因果なのだが、その誤解を解くべく投稿されたレスですら完璧に誤読され、誤解された。有り体に言うならば、平沢の文章はわかりにくく、サッカーファンの彼には難し過ぎたのだ。
レスにレスがつき、またレスがつき、新たにスレッドが立ち、議論は更に紛糾した。
平沢本人も何度か登場し、またもや誤解を解くべく自分の態度に対する説明を繰返したが、それがまた新たな議論を生み、遂には「音楽は政治的態度を明らかにした上で表現すべきか」「芸術は現実の鏡であるべきか」といった芸術表現の問題にまで発展し、挙句「平沢さん、もう戦争やマスコミやサッカーの事を言って私たちを困らせるのはやめてください。私は聴いていると現実を忘れさせる平沢さんの音楽が好きなのだから、またあの頃の平沢さんに戻ってください」というような嘆願の書き込みまで目立つようになり、誤解が誤解を生んでもうわけのわからない状態になってしまったのである。

掲示板運営側の対処もまずかった。管理者はこの大荒れ状態を何とかせねば、と思ったのだろうか、紛糾の原因となる書き込みを削除し始めたのである。
当然削除された投稿者は怒って、「何故削除したのか」という内容をまた書き込む。それがまた削除される。同じ投稿者が「削除のガイドラインを示せ」とまた書き込む。そこに別の投稿者からのレスがつく。それらがまとめて削除される。
ネット掲示板としては最悪の事態である。もう閉鎖は時間の問題と誰もが思っていたある日、平沢進による長文の書き込みが突然投稿された。

感動的で格好良い文章なので、無断で以下に転載する。


【記事番号:9928】 本当の愛のメッセージ

投稿者: Hirasawa
投稿日時: 02/07/01 19:45:09
chaosunion.com


消費者本位の工業製品をお望みなら、そもそも
商品選びを間違えている悲劇の消費者がここで迷子になっている。
彼らはいち早くそのことに気づき、無駄な出費を止め、
憎悪による有害物質によって自らの身体を傷つけることから
開放されるべきだ。

素晴らしい音楽?
「お客様の声代表団」は今、彼らのいう"素晴らしい音楽"がどのようにして
出来あがっているかを垣間見て困惑しきっている。
そして、素晴らしい音楽と、消費者本位の工業製品が必ずしも一致しない
ことを知るのに時間をかけすぎている。
垣間見た現実を受け入れるか、拒絶して立ち去るかは彼ら次第だというのに。
しかし、留まるにあたってはこの際知っておくべき事がある。
私の音楽はそれほど安全なことばかりを歌っているわけでは無い、ということ。

「お客様の声代表団」は、音楽を彼らのCDプレーヤーの中に閉じ込め、所有できたと
思っただろうか?音楽はリスナーを取り巻く環境とリスナーとの間に産まれ、
機能して行くことを知るのに時間をかけ過ぎている。音楽や音楽家を滅ぼして
来たのは、「音楽は消費者の恣意的な感情だけに奉仕すべきだ」と主張する
リスナーと、「ごもっともです」と迎合し、「何も言わない音楽」で大量消費を
煽動する音楽商人たちだった。彼らは、その"量"においてキミたちの圧倒的
な教師であったろう。いわく、「ファンの減少はアーティストの命取り」。
「ポプリ」というアルバムによって、多くのファンを失いながら生き延びた
アーティストをご存知か?彼は、音楽と自らを滅ぼさないためにそうした。

分かりやすさがお望みなら、一度だけ噛み砕いてさしあげよう。
私は「我々が楽しんでいるその日に、何千人もの人々が殺されている事
を、せめて知っていたいものだ」と言った。これは、私の言いたいことの
1%にも満たない。
さて、私は今、またしても「お客様の声代表団」を困惑させる現実を披露する。つまり、

平沢というアーティストが滅びるのはいつか?
それは、あの1%さえも口にしなくなった時である。

さあ、もうGREEN PAGEは終りだ。ここには"お客様が"望む
サービスなど何一つ無い。


この文章が投稿されて間もなく掲示板は閉鎖され、平沢進は戦争やマスメディアの偏向を歌った楽曲を次々と発表した。
新作「白虎野」の歌詞にも、人間の狂気と無知と殺戮が随所に描かれている。しかし以前ほどストレートで無く、別世界の物語であると思えば全く別の意味になるような、抽象的な表現で。

最初に平沢への反論を掲示板に書き込んだサッカーファンの彼は、いま「白虎野」を聴いているだろうか。




AutoPage最新お知らせ