マントル日記

2006/7/21 | 投稿者: losthouse

「日本沈没」がリメイク、なんつって、いまや世の中は小松左京ブーム。にはなってないけど、テレビで原作映画を立て続けにやっていて、見始めたら何故か止められなくなってしまって、「日本沈没」から「復活の日」、あげく「首都消失」なんてカスみたいな映画までぼーっと見続けてしまって、人類の行く末について考える。なんてことも無くて、蟻が死ぬようにひとが死ぬのを眺める箱庭的な破滅、勉強になりました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ