ゴシック日記

2006/7/14 | 投稿者: losthouse

ザ・ダムド「マシンガン・エチケット 25thアニバーサリー」というDVDを観る。

ライブの内容がどうの、というよりも、もはや円熟の極みに達したようなキャプテン・センシブルとデイブ・ヴァニアンの掛け合い漫才を観ているだけで幸せな気分になれる。

すぐに「現金が欲しい」とか下品な発言を連発したり、尻を出したりしてライブの進行を妨げるキャプテンと、クールにそれをたしなめる妖怪ヴァニアンの関係を眺めながら、この二人に似たものをどっかでみたことあるなぁ、と強い既視感を感じて、何のことは無い、ねずみ男と鬼太郎だな、と気がついて、ねずみと鬼太ちゃんに重ね合わせつつおっさん二人の熱演を観てたらますますダムドが好きになった。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ