ダイジョブ日記

2006/6/12 | 投稿者: losthouse


「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言


これはおもしろい。
昔っから、この手の話題に関しては発言や思想にブレが無いのが流石である。

って長年のファンは感心するのだが、平沢進なぞ全然知らない、ファンで無いひとたちにとっても今回のインタビューはおもしろい読み物になったようで、ネットでの注目度は高い。随分いろんなサイトからリンクが貼られている様子である。
むしろファンであれば、平沢進が昔っからそーゆーひとだ、というのは自明なんだが、平沢進なぞ知らないひとにとっては、こういう発言をするミュージシャンが居るってこと自体が驚きだったようだ。

たとえば今回のインタビューが雑誌メディアに載ったところで、これほどまでに注目はされなかったろうから、そういうところもインターネットはおもしろい。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ