2008/4/28

OPGP高松ラスト  D-0

いよいよ賞金決定ラウンド
5戦目 フェアコロ(大佐) 1-1
1本目
気力の限界が来たのでIDを試みるも普通に拒否られる。
竜殺し、鳥魂、メローという対合成用に組まれたような今回のアマコンではあるものの毎回大会前日にデッキを組むので効果は未知数。
相手は身内なので無理な動きはせずに展開していき、こちらも呼び声やフェザーを展開。
相手がストラテジー合成をした辺りからお互いに行動開始。
ムーンストーン1体に対してこちらはユニットを2体並べてスマッシュをお互いを入れる。
こちらが2点、相手が4点で場にはこちらのラベンダー、竜殺し、センチで相手はムーンストーン。
ラベンダーが踏まれてから放棄したのでメローを何も無いところにプレイ。
この後センチがオパールに踏まれて、竜殺しにシュシュを投下されスマッシュを受ける。
開始でセンチがプランで見えれば、対処できたが来ないまま押し返されました。
負け

2本目
再び呼び声からスタート。
こちらの4ターン目に相手がシュシュを出したのでプランしてみるとドライバー。
シュシュを除去するまではよかったものの、返しと次のターン連続でスナイパーをプランからだされて、こちらのユニットも片付けられる。
その後、フェザーやセンチでスマッシュを稼ぎながらハンドに竜殺しとベアを揃えて万が一に備える。
相手は合成が出来ておらず、行動が制限されてしまい厳しい状況に。
そのままこちらのユニットを捌ききれずに終了。
勝ち

以上7勝3敗の21点で10位で5000GET
気力が続かなかったのをなおていくのが最大の課題でした。
それでも竜殺しやサイドからのアポカリなどのやりたかったことは一通りできたので、とてもよかったです。

次のGP9ではさらに上にいけるように頑張りたいです。
0

2008/4/28

OPGP高松続き  D-0

昨日の続きです。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ