2011/10/24

進路変更  Chaos

長官「ぐぬぬ」



長宮さん「・・・」






長官「名古屋用のデッキだけど・・・すこぶる微妙」



長宮さん「・・不振?」




長官「恥ずかしながらその通り〜


パートナーの防御力は一級

ドロー能力も優秀

そこへ強力な貫通キャラを用意して戦闘する→相手が不利なデッキのとき、それが予め分かっていればパートナーを変える

という感じにしたんだけど、思うように戦えていない」




長宮さん「・・なぜ?」




長官「雰囲気としては前の地区決勝の神奈と同じ問題

といってもこれだけ書いて何のことやら・・・ってなるから具体的に説明

神奈にしろ、現在準備中のポッポにしても、パートナーは防御に特化した形のデッキ

パートナーのアタックでは相手のフレンドを裏にするパワーがない為、規格外のパワーを持った貫通フレンドを用意することにした



神奈のときは、杏&椋へセット2枚貼り



ポッポはゴッドリームへ自転車セット

アタック力はそれぞれ15〜16オーバーの貫通になるので威力は十分

後は殴ってれば勝ち・・・という流れになれば良かったんだけど、実際は以下のようなことに


・それぞれ準備に時間が掛かる為、動き出しが中盤以降になる

→相手の防御準備が完了しているのでダメージが薄い

→中盤前後で相手側の攻撃を耐える為に動きを守り重視になってしまい、反撃行動が貫通一撃の単調なものになる



と本来の想定していた流れとかけ離れたものになってしまい、相手の押し切りを許してしまうことに。」



長宮さん「・・・」



長官「ポッポや神奈はそれぞれの堅さを前提に布陣するから、うたたね等のパートナー妨害にも弱く、面押しにも建て直しが追い付かずに案外弱い

イカロス程柔軟にも動けないので一度破られて建て直しが利かなくなるとジリ貧になりぼろぼろ

ザックさんの言葉を借りるなら『ゆるやかに死を待つ』という感じになるね。」




長宮さん「・・パートナーを変えた場合は?」



長官「元々1〜2種の限定されたデッキを相手にするときの戦法だから、あまりいろんな相手には対応できない

しかも困ったことに変えた場合も上記のような問題が発生する羽目に」



長宮さん「・・・・・・」



長官「作り自体には自信があったけど、実際にこの流れに直面しまくりなので、残念ながら構築にも動きにも問題があると言わざるを得ない

初めに設定した目標の3割程度しか戦果が挙げられそうにない(2勝2敗レベル)


今のままではパートナー3枚のリシアデッキにも3回やって1勝とるのが一杯一杯な雰囲気

ぐぬぬ・・」


長宮さん「・・・」




長官「と、このまま潰れてイカロスやリシアに逃げるのもアリなんだけど、時間もまだまだある

なのでもう少し足掻いてみることに」



長宮さん「・・そう」


長官「今の構築は白兵がメインの基礎的なデッキ(というか今までChaosのデッキは白兵メインしか組んでいないのもあるけど)だから、切り込み方を大幅に変えてみる予定

梨深のような焼き能力とイカロスのループを混ぜるような感じ

詳しくは、もう少しレシピを考えてからになる」



長宮さん「・・・そう」



長官「ということで具体的にどうなるのかは書けず仕舞いだけど、今日はここで終了〜」



長宮さん「・・また次回」
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ