2021/10/14

境界を越えるバス/旧国境編その1  バス

多分、このシリーズは、今回のを含めて3本だて?で収まる模様です^^;;

境界を越えるバス/旧国境編その1
相模・武蔵国境その1、横浜・横須賀市境

神奈川県でも、川崎市と横浜市の西の方1/3ぐらい?は、武蔵国でした。で、横浜市の残りと横須賀市・鎌倉市・逗子市以西が相模国です。今回は、旧国境だった尾根が海に落ちる地点なので、これまでと違って、川ではないです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
相模・武蔵国境を越える "文15"系統
追浜車庫発野島経由金沢文庫駅行

どこが国境なのか、というと、1枚目の画像でバスがさしかかろうとしている交差点のところ、2枚目の画像でバスの尻尾あたり、道路の舗装がちょっとだけ変わる境目です、、、って、判るかいっ!!^^;;

ぶっちゃけ、市境の標識もくそもない(!?)ので、ネット上の各種地図でアタリをつけ、現地の状況を見て詳細を確定させている状態です。

実のところ、この地点のすぐそばに「夕照橋」が架かっていて本土?と野島を結んでおり、このバスもこの橋を通って行くのですが、こちらは手前も向こうも横浜市で旧武蔵国です。

クリックすると元のサイズで表示します
夕照橋の全景と野島
クリックすると元のサイズで表示します
夕照橋を渡る"文15"系統のバス(見えにくい)

元々、野島は陸続きだったらしいのですが、繋がっていたのは夕照橋が架かっているのとは違う面?であった模様で、ここは昔から海だったらしいです。詳細情報は調べきっていません(開き直り?)。なので、本土側は大元は久良岐郡六浦荘村ですが、野島側は野島村→金沢村だったそうです。

京急バス追浜車庫への出入りは、他の系統がメインで、"文15"系統は平日が7往復/土休日が駅行7便・車庫行が8便だけです。運行時間帯は朝から夕刻にばらけてますが、偏りが激しいです。捕まえるのが大変です。

ちなみに、取材当日、関東地方の天候は晴れもしくは曇りでしたが、なぜか、取材現場の取材時間は、結構な雨模様、でした。傘は持っていなかったので、ずぶ濡れになりました...(泣)

続きを読む

2021/10/8

境界を越えるバス/都県境編その1++  バス

境界を越えるバス/都県境編その1++
東京都/神奈川県境大師橋とその界隈


twitterの方では報告していますが、大師橋を渡る路線バスの画像が、無事、前のパソコンのSSDから発掘できたので、こっちにも載せます。データの詳細を見てみると、2016/03/30に撮ったことになっています。

クリックすると元のサイズで表示します
大師橋を渡る"蒲45"系統 JFE前 行
クリックすると元のサイズで表示します
現在では無くなってしまっている「大師橋」停留所
クリックすると元のサイズで表示します
大師橋北詰の取り付け部分入口
クリックすると元のサイズで表示します
東京都と神奈川県の境界標識


やはり、行先表示器がLEDになってるので、綺麗に読めないですねぇ...
この辺りのクリアなものが見たいという方は、「りんたん」=川崎鶴見臨港バスのtwitter公式アカウントの中に、運行最終日(2020/01/15)、JFE前で折り返す時の風景が載っているので、興味のある方は見てやってください。直URLはこちら→ https://twitter.com/rinko_official/status/1217386786902511617

なぜ運行を担当していた京急バスではなくて臨港バスの方に載ってるのか、というと、折り返し地点の JFE前は、臨港バスの塩浜営業所の隣で、折り返しの際に場所を使わせてもらってたから、なのです。その昔は臨海バスとの共同運行で、川崎駅〜日本鋼管前〜大師橋〜蒲田駅という路線だった頃の名残り、ともいえます(日本鋼管は、2003年に川崎製鉄と合併して、JFEになっています)。もっとも日本鋼管前折り返しになって京急の単独運行になったのが1970(S45)年なので、かれこれ50年、同じ路線形態で走り続けてきたことになります。

廃止直前の段階のみならず、自分が撮影に行った時点ですら、平日のみ朝1往復/夕方1往復の運行でした。どうやって撮りに行ったんだろう?


大師橋とそこを渡るバス路線の歴史...

2021/10/3

境界を越えるバス/都県境編その1補足?  バス

というわけで、今回は前回(東京都大田区/神奈川県川崎市川崎区編)の補遺というかなんというか、現在はバス路線が無くなっているけど、以前は沢山走っていた場所編、です。

境界を越えるバス/都県境編その1+
東京都/神奈川県境大師橋とその界隈


現時点での高速道路以外の一般道で、多摩川最下流にかかるのが大師橋です。
クリックすると元のサイズで表示します
大師橋の全景
クリックすると元のサイズで表示します
大師橋に向かう?バス


勿体ぶりました?が、大師橋を渡る路線バスは、2020年1月に廃止になってしまっています。"蒲45"系統のJR蒲田駅〜JFE(旧日本鋼管)を結ぶ路線で、末期は平日のみ朝1往復+夕1往復の運転、と愛好家の間では「乗るのが大変な路線」として有名になっていました。

で、営業運転を行っていた時代に画像を撮りに行っていた(しかも「都県境を越えるバス」シリーズの連載をすることを念頭においていた)のですが、twitterの方にも書いた通り、現時点で画像が行方不明です。デジタルの海の藻屑になってしまってなければ良いのですが.....

上の画像のバスは、「大師橋下」の停留所で撮ったもので、このバスは橋に上がらずに、多摩川に並行した旧都道424号大師橋瓦斯橋線を上流側に右折、大師橋の本線の下をくぐって、前の記事で書いた六郷橋の袂を経て蒲田駅に至る"蒲75"系統です。前回の記事で取り合えた"空71"系統川崎駅〜羽田空港の路線(とその姉妹系統)も、大師橋から六郷橋にかけては同じルートを辿ります。

その代わりの画像というわけではないのですが、さらに遥か下流で「境界を越える」バスの画像を。
クリックすると元のサイズで表示します
武蔵・上総の国境?を越えるバス

はい、東京アクアライン(と首都高速)の浮島インターチェンジです。川崎駅から木更津駅を結ぶ便ですが、浮島インターチェンジのすぐそばにある「浮島バスターミナル」にて、一般路線バスから乗り継ぎも可能です。
クリックすると元のサイズで表示します
浮島バスターミナル全景

バスターミナルといっても、乗り入れる一般路線バスは、朝夕ラッシュ時にちょこっとだけ運転される便を除くと、"川03"系統川崎駅〜浮島バスターミナル、だけです。
さらにいうと、自販機とお手洗いはあるけど、無人です。アクアライン経由のバスが立ち寄るけど、乗車券を買うことはできません。

東京都・神奈川県境に戻ると、
クリックすると元のサイズで表示します
多摩川最下流の渡河?地点

見えません。トンネルです。首都高速湾岸線多摩川トンネル(の換気塔)が写っています。
ここは、羽田空港に向かう拠点間直行型の高速バスは通っているはずですが、街中をとことこ走る一般路線バスは無かったはず。

本文が長くなってしまったので、追記は今回は無し、です。が、六郷橋・大師橋を渡る(渡っていた)路線バス群については色々と調べた(都バスが六郷橋渡って川崎駅まで来てたとか)ので、次記事あたりに追加する予定でいます。

おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
羽田の大鳥居(旧穴森稲荷)


2021/9/26

境界を越えるバス/都県境編その1  バス

毎回関東地方の外れまで行ってると何かと大変なので、少々近場のネタも混ぜつつ、シリーズを進める予定です。

境界を越えるバス/都県境編その1
東京都/神奈川県境六郷橋


箱根駅伝でもお馴染みのこの橋、渡る路線バスは"空51"系統の川崎駅〜羽田空港線がメインで、終日30分間隔で運転されています。空港連絡バスですが、六郷橋を東京都側に渡った後は、南六郷や元羽田などの昔からの住宅街を走ります。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
六郷橋を渡る"空51"系統羽田空港行


これ以外では、その枝線&区間運転といえる、"川76"森ケ崎線と"川77"羽田車庫出入庫便があり、前者は朝夕の限られた時間帯に6往復、後者は朝の出庫/夜の入庫で数便あるだけです。
実は"川76"系統がこれら路線の元祖で、空港連絡バスは後からできた上、開設当初は空港までノンストップだったのですが(その時代に乗った記憶はある。高速道路はつかってなかったと思う)、大田区内で各停になった後、森ケ崎線の本数が減らされていった、とか。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
都県境の標識と橋の全景

大きな橋なので、両岸ともバス停は遠いです。

なお、江戸時代までさかのぼると橋の両岸共に武蔵国であったため、都県境であるものの旧国境ではありません。その当時から荏原郡(現在の品川区・目黒区・大田区・世田谷区の東側)と橘樹郡(川崎市の大部分と横浜市の東部の辺り)の境目でした。現代でこそ川を渡れば東京23区ですが、江戸の街の入口である品川宿までは二里半の道のりでした。

今回は六郷橋の歴史などを

2021/9/17

境界を越えるバス/関八州編(その2)  バス

境界を越えるバス 関八州編(その2)
相模・伊豆国境 泉大橋


前回の「千歳橋」から千歳川を2kmほどさかのぼった地点です。
タイミングが悪く?、バスが川を渡っている瞬間は撮れていません...m(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します
橋の遠景
クリックすると元のサイズで表示します
橋の全容

下流の千歳橋と違って、この橋を通る道は、国道どころか県道ですらない模様。地図を見ると判るのですが、川の両岸を各々湯河原町道/熱海市道が走っていて、それを結ぶようにかかっています。熱海市泉地区から最寄りの市街地である湯河原町中心部方面へ行く主要ルートの1つです。

ここを通るバスは湯河原駅から熱海市泉地区の「ゆずり葉団地上」まで行く路線です。行き止まり路線で、終点から先熱海地の中心街方面は、静岡県道102号線が続いてはいますが、峠越えの険路になります。もちろん、バス路線は途切れています。路線が途切れてるのは2km程度で、山道とはいえ舗装されており、向こう側もほぼ1時間に1本程度熱海駅からバスが来ているので、実用性を損なわない?範囲で徒歩連絡できる??、といったところですが...(←「?」マークの数に留意。歩くのに慣れてる人なら楽勝ですが、普段ほとんど歩かない人だと無理かも)

「ゆずり葉団地上」から山を下りてきたバスは、まず千歳川の西岸をしばらく走り、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先に泉大橋のバス停があります。逆に湯河原駅から来たバスは、千歳川の東岸を走ってきて、左折して泉大橋を渡るや否や右折、その先が泉大橋の停留所です。

つまり、泉大橋の停留所は、どちら方向の路線も橋を渡った先に停留所があります。そして、この橋が県境なので、上りと下りで停留所が違う県にある、という面白い事態になっています。


クリックすると元のサイズで表示します
上流側(静岡県側)の停留所と泉大橋
クリックすると元のサイズで表示します
下流側(神奈川県側)の停留所と泉大橋

どちらの画像も、反対方向の停留所が映り込むように撮ったつもり、なんですが、解像度の関係でよく判らないことになっちゃってますねぇ...(汗)

ちなみに、この停留所に来るのは、こんなバスです。担当は箱根登山バス。同社の箱根地区以外の他の路線と同様、系統記号はついていません。コミュニティバスにありがちなサイズですが、市町村境どころか県境を越えるバスなので、コミュニティバス=公営バスにするにはハードル高めです。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆずり葉団地上の折り返し場に進入する路線バス


1日の運転本数は、平日11往復/土休日10往復と、海岸線の国道を行く熱海駅〜湯河原駅の系統(全日7往復)よりも多いです。

以下、この地区のバス路線を、県境=旧国境と合わせて考察した「報告書」(もどき?)です。前回同様かなりの長文ですので、お時間のある時にでもどうぞ。

「伊豆」はどこから?、の考察でもあります。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ